発達障害について

人の発達は脳の発達と身体の発達が相互に関連しており、姿勢や運動を制御する脳の発達が遅れていると身体を上手に使うことが難しくなります。また、身体が動くことで脳への刺激となりその刺激は脳の発達に繋がるのですが身体が上手に使えないと脳の発達が遅れてしまいます。

 

images660b2icb

私たちが身体を上手に使うには意識的に使うことで働く随意筋と無意識に働く不随意筋があり随意筋も不随意筋も本来持っている役割・機能を果たせることが重要なのですが、赤ちゃんの頃は不随意筋を使った反射に頼って生きるための動きをしています。その代表的なのが原始反射です。原始反射の動きを統合してくことで「感覚・知覚・運動」を身につけていきます。これが発達の土台になっていると考えています。

発達障害のあるお子さんは、この「感覚・知覚・運動」のいずれかあるいは複数において未熟さがあり、そのことで「発達が遅れている」と見られます。

kid0039-001 

 原始反射(Primitive Reflex)の残存があると身体を上手に使うことが難しく学習や生活に支障をきたす場合もあります。(新しい環境に馴染めない・階段の昇り降りが難しくなる・鉛筆を上手に持てない・姿勢がふにゃふにゃ、読書が難しくなるなど)これらを統合し能力を引き出せれば発達の助長につながります。そのためには身体全体における感覚や運動の刺激が特に重要となります。その効果が出る大きさや期間は人によってさまざまですが、海外・国内に於ける様々な事例で、原始反射の発達・統合のアプローチによる効果が確認されています!

発達障害

・自閉症スペクトラム

・アスペルガー

・学習障害

・注意欠陥障害

 

発達障害児の割合・・・6.5

これは文部科学省により2012年に全国の公立小中学校で約5万人を対象にした調査結果で、”発達障害の可能性のある”とされた児童生徒の割合を数字にしたものです。1クラスに2人程度は発達障害の傾向があるということになります。これは発達障害について知識のある教職員などが見立てたデータであり、医師の診断を受けた割合が6.5%ではないことは理解しておく必要があります。さらに6.5%のうちの

4.5% … 学習面で著しい困難

3.6 … 行動面で著しい困難

1.6% … 学習面・行動面の両面で著しい困難

というデータが出ています。

こうした数字の発表をみると、まるで発達障害があることが悪いことのように見えてきますが、学校現場でも医療現場でも発達に対する知識や理解が低いことの方が問題で、学校の在り方や社会の在り方を見直す時期がきているということではないかと感じています。

身体が変わると繋がる

当サロンのコンセプトは「繋ぐ」です。身体アプローチを通じて

・身体と脳と心を繋ぐ

・子供と親と社会を繋ぐ

・お子さんの可能性を未来に繋ぐ

発達障害という診断がついたお子さんに限らず、人生にお困り感や日常の困難さを抱えている人が増えています。その多くは身体が思い通りに使えないことから始まっています。特に原始反射が残存していると動きや行動のコントロールが難しいために時として意図しない行動をとってしまうことがあります。その行動が周囲からの批判になり自己重要感が下がっていくことでますます生きづらさを感じるようになってきます。

 

保護者の心身の状態が重要!

肩こり、頭痛、腰痛、膝痛、自律神経障害など多くの症状は関節の繋がりに問題があります。関節が繋がると身体の中に動きが生まれます。心と身体が繋がるとエネルギーが流れ始めます。自分の心と身体が繋がると人と繋がることが出来ます。そうして生まれた「人との繋がり」の中で私が一番大事に扱いたいのが

親子の繋がりです

今もって幼児児童虐待の悲しいニュースが絶えません。もし、身体の調子が良くて、心と身体が健康な状態にあったら、この事件は起きていただろうか?健全な繋がりがある両親のもとで虐待は起こるのだろうか?という疑問がずっとあります。健康な人と人との間には健全な繋がりが生まれるはずです。

虐待まではないとしてもイライラした状態でかける言葉は親子ともども傷つきます。その傷は大きなエネルギーのロスになるのです。とはいっても家事に育児にで自分の時間をほとんど持てないお母さんのストレスは相当なものであると察します。なので、まずはお母さんが身ともに健康になっていただく必要があると考えています。特に一番大変な妊娠中から3歳くらいまでの期間は本当に自己犠牲の連続になります。その期間中に体がツライと些細なことで大声で叱ってしまったり、自分の問題を当てやすいお子さんに向けてしまうかもしれません。それは仕方のないことかもしれませんが心身ともに健康で良い状態でいられたら、イライラすることが少なくなり許せることの方が増えていくのではないかと考えています。

もしあなたが今ご自身の身体が自分の思う良好な状態にないと感じているのであればいつでもご相談ください!私たちが全力でサポートさせて頂きます!