先日、当院に通っている患者さんが車と接触してしまったと聞きました。

 

タイヤの部分に足をぶつけられただけだったのと、先を急いでいたために

事故を起こした運転手さんに「大丈夫です。」といって

その場を去ってしまったとのこと。

 

幸い頭などは打っておらず、足の方も病院で検査して骨に異常はなかったので

とりあえずは良かったのですが、

交通事故にあってすぐは体内にアドレナリンが放出されるため痛みを感じないことがあります。

そして落ち着いた後から思いもしないところが痛くなってくることもあります。

これは追突事故によるむち打ちに限らず、自転車運転中の接触による転倒や

打撲などでも同じことが言えます。

 

通常、事故にあった時は、まずは自賠責保険でケガの治療の通院費や慰謝料などが

支払われます。

そういった手続きなどは事故を起こした加害者側の保険会社が

色々な手続きをしてくれます。

今回のようなケースではもちろん自転車の修理代も保障の対象になります。

 

これを知らずに、もし相手の連絡先もわからないまま後々になって

痛みが出てきて通院治療が必要になったり、自転車も故障してしまったりしたら

治療費も修理代も本来支払う必要がないものに自分のお金を使うことになってしまいます。

痛みを与えられた上にお金も飛んでいく・・・

ちょっと悔しいですよね。

 

車と接触した時はたとえその場で大した事ないと思っても

必ず警察を呼んで事故処理をしてもらい

相手の連絡先も確認するようにしましょう。

 

~事故に合わないよう、起こさないように気をつけてください

埼玉県は残念ながら交通事故が多い県になってしまいました。

つきなみですが、

お出かけの際は時間に余裕をもって行動することを

おすすめします。

時間に追われるとどんな人でも必ず注意力が散漫になってしまいます。

 

当院では交通事故治療を扱っておりますが、

できることなら、この世から交通事故が1件でも減ることを

心より願っています。

 

 

 

 現在、他の医療機関に交通事故治療でかかられている方も転院は可能です。

オスグッド、シンスプリントなどスポーツ障害の治療は

からだ支援 アシスト接骨院におまかせください!