スポーツ障害を乗り越える ~復帰するための労力を惜しまない~後篇

 

復帰するための労力を惜しまない

ということについて前回

多くの医療機関では部位対応では治らないのに

そこに疑問を感じずに痛みのあるところだけを治療するために

スポーツ障害は治りづらいということを説明いたしました。

 

それを何も知らずに治りもしない電気治療、マッサージに毎日まじめに通院している

学生さんをみると気の毒になります。

 

しかし、たとえ

「オスグットの治療なら所沢にあるアシスト接骨院がいいよ」

と聞かされても

 

「遠いから」

「保険がきかないから」

「こっちは子供のころからお世話になっているから」

 

といった理由で治療を変えようとしない人も少なくないですよね。

これも考え方は人それぞれですが、

スポーツ競技を全力で出来る期間は限られています。

 

競技復帰を出来る限り早期に考えるなら

移動距離や自費治療は大した壁にはならないはずです。

 

近くても安くても治らない治療に通い続けることは

それこそ一番時間もお金も無駄にしていると思います。

 

また、小さいころからお世話になっているというのも

義理堅くて個人的には良いと思いますが

いまや医療も分業の時代です。

それぞれ専門科があるわけですから

小さいころからお世話になっている所で

治るものはそちらに通えばいいと思います。

 

たとえば歯が痛くなったからといって

子供のころからかかりつけの内科にはいかないですよね。

歯が痛ければ歯の専門家である歯医者さんに行くべきです。

同じようにオスグッドやシンスプリントなどスポーツ障害になったら

専門家の治療を受けるべきだと思います。

それは決してお世話になっている先生を裏切ることにはなりませんよね。

 

通院先を変えるというのは実は結構な労力が要ります。

そもそも情報収集から始めなければなりませんし

身体のことですからインターネットやクチコミも調べたいところです。

だから出来るなら最初にいったところで完治してくれればこんな楽なことはありません。

ですが、もし

より高いレベルを目指していて

早期競技復帰を望んでいるなら

また、ずっと改善がみられていない治療に通い続けているなら

治せる治療を受けるためにそうした労力を惜しんでいては

先に進むことは難しいのです。

 

 

 

インターネットで調べてもなかなか本当に良くなるのかどうかはわかりませんよね。

当院ではそんな不安を解消すべく保証制度を設けています。

オスグッド・シンスプリント治療は特殊手技による自費治療ですが

治療前と治療後に痛みの出る動作をしていただきます。

その結果、もし治療後に治療前より痛みの軽減が感じられなかった場合は

自費治療分の料金はいただきません。

 

もしどうしようか迷っているなら

一度受けてみる価値は十分にあると自負しております!

 

オスグッド・シンスプリント・スポーツ障害でお悩みの方は

からだ支援 アシスト接骨院におまかせください!

関連記事

  1. 膝のお皿の痛みの原因は・・・

  2. 前回からの続き『体育座り』にはご注意を!

  3. シンスプリントの治療

  4. 宮越兄弟WBCムエタイ王座戴冠!

  5. ペインシフト研究会の勉強会に行ってきました

  6. からだ支援という思い

  7. 症例報告 オスグッド女子

  8. 足の裏って大事!