ペイン・・・痛み

シフト・・・変換する

つまり痛みがある状態から痛みのない状態にシフトする

 

 

この治療法は神奈川県の大津接骨院院長の石橋輝美先生が考えた

今までにない全く新しい治療法です。

 

この治療法を知った時は衝撃的でした。

 

当時の私はオスグッドの患者さんが来てもいわゆる他院と同じ

「成長が止まるまでは仕方ない」という説明をしていました。

説明ではありませんね。単なる言い訳と逃げです。

 

私は2つの整形外科に約10年勤務していました。

その間、オスグッドやスポーツ障害に対して積極的な治療法を行うこともなく

同じように「成長が止まるまでは仕方ないから激しい運動はしないように」

という言葉が当たり前のように染み込んでいました。

そもそも教科書や文献を読んでもオスグッドに対して効果的な治療法は載っておらず

スポーツ障害専門の書籍にもアイシングしてストレッチしてと、どれも同じようなことしか書いてありませんでした。

 

そんな何も出来ない自分に嫌気がしていたある日

ふと、以前勤務していた整形外科の事務の方がよく行く接骨院の話で

「ペインシフトっていうすごい治療法をやっているところがあるんだよ」

って言葉を思い出し、インターネットで調べてみました。

幸い、治療風景を動画で見ることが出来たのですが

その動画を見て衝撃が走りました。

 

体操選手の女の子が痛みで開脚出来ずに困っているのを

その場で開脚出来るようにしていたのです。

なにより、治療後「すっげ~」を連呼する女の子の嬉しそうな顔を見て

 自分もこんな治療がしたい

それ以前に自分も治療を体験してみたいと思い

 

整形時代の事務の方に連絡し、その治療法を行っている接骨院へいってみました。

 

 

長くなったので次回へ続く

 

 

オスグッド・シンスプリント・スポーツ障害にお悩みの方は

からだ支援 アシスト接骨院にご相談ください!