夏の冷えのツケは秋に出る

 

不定期に書いてきましたニュースレターですが

最新版が出来ましたのでよろしかったらお持ち帰りください!

今回のニュースレターのテーマは夏の身体の冷えについてです。

 

節電ムードとはいえ今年も猛暑が厳しかったため、

当然冷房を入れる機会が多かったと思います。

 

私たちが暑いと感じているのは首から上の感覚

基準となっていることが多いのですが、

通常、暖かい空気は上にあがりやすく、冷たい空気は下にさがりやすいため

冷房を入れた際に顔や首回りが涼しく感じるころには

足元はかなり冷えきった状態になってしまいます。

 

特にふくらはぎから下の冷えは全身に影響してきます。

 

ふくらはぎや足の指の筋肉は歩く・椅子から立ち上がるなど

動作の初動時に働きます。

そのため、ふくらはぎや足が機能しないとその代償動作は

股関節や腰、背中や首まで影響していきます。

それらがもうすでに出始めている方もいらっしゃってますが

代償動作による無理や疲労の蓄積は

秋から冬にかけてもっと増えてくるでしょうね。

今のうちからしっかりとした対策が必要になってきます。

ニュースレターには自分で出来る対策なども載せてありますので

よろしかったらご覧になってください!

 

当院の患者さんでなくてもニュースレターだけ

お持ち帰りいただいてかまいませんのでお気軽にどうぞ (^_^)v

 

 

頭痛・倦怠感・食欲不振・不眠・長く続いている肩こり・腰痛は

もしかしたら自律神経失調症かもしれません。

からだ支援 アシスト接骨院には自律神経の整体があります。

お気軽にご相談ください!

関連記事

  1. 自律神経セミナーにいってきました

  2. 治療家のぎっくり腰

  3. 時差ボケとストレスからうつになった患者さんの症例

  4. 低血糖からの不眠症は・・・の続き

  5. ママのための自律神経的コミュニケーション教室

  6. 笑顔の副産物

  7. 腰痛と椎間板

  8. 不眠症?のお話