足の裏には3つのアーチがある

 

私たちの足はとても機能的に出来ています。

足の裏にはアーチと呼ばれるしなり が形成されていて 

そのアーチがなくなると色々な障害を生み出してしまいます。

 

内側の縦アーチが低下した(土踏まずが平らになる)状態を

一般的には偏平足といいますが、

これは皆さんも耳にしたことがあると思います。

しかしアーチはそれだけではありません。

 

足のアーチは

 

内側縦アーチ   外側縦アーチ    横アーチ

 

と3方向にあります。

外側と横のアーチはあまり意識されていないことが多く

特に横アーチがない人がとても増えています。

 

アーチの欠損は遺伝的なものもありますが

ハイヒールやサイズの合わない靴を履かれることによっても起こります。

現代は道路もアスファルトで舗装され、

足の指の筋肉が踏ん張る必要がなく歩けるようになった

環境要素というのも大きいと言われています。

 

アーチの役割についてはまた、次回に詳しく書きたいと思います。

 

 

オスグッド・シンスプリントスポーツ障害

自律神経失調症でお悩みの方は

からだ支援 アシスト接骨院におまかせ下さい!

関連記事

  1. 膝のお皿の痛みの原因は・・・

  2. スポーツ障害治療症例  足の甲の痛み

  3. 成長期の腰痛とすべり症

  4. スポーツ障害治療をしていて嬉しくなる時

  5. スポーツ障害治療 症例 3 シンスプリント 

  6. バスケットのシンスプリンント 症例

  7. からだ支援という思い

  8. ペインシフト研究会の勉強会に行ってきました