受験が終わり卒業式のシーズンですね。

 

多くの学生さんが4月から

 

また新しいスタートになりますが、

“自分”がある人とない人では、

どの環境にいても得るものや

疲れ方などが全然違ってきます。

 

この、

 

自分があるか?ないか?

 

というのは

実は受験で合格できなかった時の思考でも解ります。

 

 

 

たとえば、志望校に合格できなかった・・・

 

 

一緒に受験した友人は合格したのに・・・

 

ドラマなんかでありがちな設定ですよね。

 

 

 

 

 

 

この時にやるべきことはやったのだから仕方ないと思える人と

 

 

自分が不合格だったことより、

あいつが合格していたことの方が悔しいと思う人がいます。

 

 

 

“自分を持っている人”は不合格のショックや

あの時あの問題が解けていればという後悔は

もちろんありますが、

その事実を受け止め、友達の合格を祝福することができます。

 

 

 

それは自分は自分、友達は友達という事が解っているからです。

 

友達は友達なりの努力をして、その時の学力が

その学校の基準に足りていたということ。

 

そして自分は自分なりの努力をしてきたけど、

合格できなかったのは“今の自分”がその学校の基準に

少し足りていなかったからだと理解できるからです。

 

 

自分は自分、友達は友達と理解しています。

それは食べてきた物も違えば、育ってきた環境も違う、

人生が違うという事を受け入れているからです。

 

 

 

こういう人は“自分を受け入れている”ので

 

どんな学校、どんな社会、どんな環境に行っても心配いりません

 

 

しかし、自分が合格できなかったことより、一緒に受けた友人や

 

今まで自分より成績が悪かったと(勝手に)思い込んできた子が

 

合格していたことの方が悔しいと思う人は

 

 

この先、疲れる人生を送ることになるかもしれません。

 

 

次回に続きます。

 

 

 

 

 

 

なかなか改善のみられない腰痛や肩こり・

不眠・食欲不振・アゴの痛みや違和感・頭痛

は自律神経失調症かもしれません。

 

からだ支援 アシスト接骨院には

自律神経失調症専門の整体があります。

お気軽にご相談ください!