前回、優越感や見返したいという理由で有名校を受験する人は

 

誰か(何か)に対する感情をぶつけているだけかもしれないという話をしました。

 

 

 

誤解しないでほしいのですが

 

有名校に入ることが悪いのではありません。

 

それはそれですごい事です。

 

有名校に入るために一生懸命勉強して誰よりも努力して見事合格したのであればそれはとても素晴らしいことなのでたくさん自分を褒めてください。

 

 

 

そして自分がある人はそれで十分満たされます。

 

周りの評価はあれば嬉しいですが、そんなのがなくても関係ないのです。

 

 

 

 

 

でも優越感だけで受験したとすると

 

合格しても、親戚やご近所から「すごいね」と

 

言われているうちは満たされますが

 

他人はその人の合格の事ばかりに興味を持って生きてはいません。

 

1ヶ月もすれば「すごいね」と言ってくれる人はいなくなります。

 

そうなると“自分がない人”は面白くなくなります。

 

「この学校入っただけでは認められないんだな。」

 

「もっとすごい事して見返してやる」

 

となってしまうのです。

 

見返したいからというのは復讐心なんです。

 

それはこれまでの人生の中で

 

解決できていない感情の代償に過ぎません。

 

当然、復讐心でその学校に行っても何も解決しません。

 

常に誰かを見返したくなり、優越感のためだけに競ったりします。

 

でも自分という基準がないのでいつまでも満たされることはありません。

 

 

この連鎖は受験に止まらず、社会に出てからも続きます。

 

 

 

なかなか改善のみられない腰痛や肩こり・

不眠・食欲不振・アゴの痛みや違和感・頭痛

は自律神経失調症かもしれません。

 

からだ支援 アシスト接骨院には

自律神経失調症専門の整体があります。

お気軽にご相談ください!