前回の続きです。

同じ治療家の先生の腰痛治療で

なぜ腰よりも腕が気になったのか?

 

腕の可動が物凄く悪かったんです。

なので腕まわりを徹底的にほぐしました。

 

結果、その後の動作チェックでは

 

 

痛みがゼロ  (^_^)v

 

ぶりかえさないよう、体操をやっていただくようにお願いし

治療が終了。

『いや~、痛くない!』というお言葉は何よりの賛辞でした。

 

同じ治療家ですのでお身体をお借りしながら、

受け手の感覚や反応を的確に伝えて頂けたことで

新たな気づきがありました。

また、治療後は色々とお話も聞けて情報交換もでき、

本当にいい勉強になりました。

T先生ありがとうございました!

 

 

近年、整骨院・接骨院の社会的評価は下がっています。

健康保険でリラクゼーションが受けられるところ

といった間違った認識を受け、健康保険組合は

整骨院・接骨院に対する調査と保険取扱いの見直しを

徹底しています。

その一方で不動産屋のテナント探しのTOP3に入るくらい

接骨院・整骨院の数は増え乱立しています。

業界全体としてはかなり厳しい時代になっています。

 

そんな中でお互いがニラみ合い潰しあうのではなく

情報交換していきながら

患者さんに、より質の高い治療を提供し

社会貢献できる存在になれたら

社会的評価とその必要性は

自然と出来上がってくるのではないかと信じています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

腰痛・膝関節痛

オスグッド・シンスプリント・スポーツ障害

自律神経失調症・うつでお困りの方

からだ支援 アシスト接骨院にご相談ください!