登山家でプロスキーヤーの三浦雄一郎さんが 80歳でエベレスト登頂を果たしましたね!




当院では普段から「もう年だから・・」と言われる患者さんに

 

年のせいはありません

 

と説明してまいりました。

 

確かに加齢により衰えるところもありますが

日常生活が困難になるような痛みは年齢ではなく

姿勢や生活環境による影響がほとんどです。

 

運動しなければ筋力は落ちていく一方ですし、

一日中悪い姿勢をしていれば痛みが出るのも無理はありません。

運動不足などは筋力の低下以上に気力の低下につながります。

 

 

 

今回登頂を果たした三浦雄一郎さんは昨年に心臓の手術もしています。

年齢的にも身体的にも「やっぱり止めます」と言ったって誰も咎めません。

むしろ「そりゃ、そうだよね」となります。

でも、三浦さんは挑戦し登り切りました!

 

そこに到達するためには身体づくりや健康管理など

実際に登ったその数日間以上の苦労が年単位であったはずです。

そした苦労の日々の積み重ねが80歳にしてエベレスト登頂という偉業を成し遂げたのだと思います。

そしてその偉業は

「もう年だから」という言葉は存在しない

ということを証明してくださいました。

 

個人的にはノーベル賞ものだと思います。

 

 

 

エベレストに登ってくださいとは言いません。

せめてご近所のお散歩くらいから始めてみませんか?

 

80歳以下の方で1日20分程度のお散歩すら難しいと言ってる方は

一度エベレストという山を写真で見て下さい。

エベレストを見てもお散歩が難しいという方は・・・

重症です(^_^;)

 

 

 

からだ支援 アシスト接骨院では

ロコモティブシンドローム対策に力を入れてます。

待っているだけでは体力は衰える一方です。

介護の要らないからだ作りをはじめてみませんか?