ペインシフトという治療法

5月25日(土)はペインシフト研究会の勉強会の日でした。

20:00に川﨑まで行き、終わるのはだいたい2時頃になります。

 

ペインシフトは石橋輝美先生が考え出した

鍼灸のツボとも違う反射点を用いた治療法なのですが

本当に毎回毎回、深夜遅くなっても眠気も吹っ飛ぶくらいすごい理論で

何をどのように勉強したらこの理論に辿りつくのだろう?

と凡人の私には到底思いつかないようなことばかりなのです。


今回は腸脛靭帯と薄筋という太ももの筋肉の反射点で

全身到る所の痛みをとるという勉強会だったのですが

月曜日にさっそく応用!


11歳女子 捻挫で整形外科に通院

足関節固定による関節拘縮

リハビリ通院していたが拘縮はとれず

しゃがむことが出来ないということで来院されました。

 

最初はふくらはぎからアキレス腱を念入りにマッサージしたのですが

なかなかしゃがむ動作の痛みは消えなかったので

ペインシフトで2点程刺激したら

しゃがんだ後ニッコリ

「痛くない!!」


この即効性はスゴイ!


反射というと何となくあいまいに思われがちですが

ペインシフトにはちゃんと解剖学的、運動力学的、構造力学的な

理論があり、しっかりとした根拠のある治療法なのです。


この治療法を行えるのは埼玉では当院を含め2院しかありません。

ぜひ、体験してみて下さい!




オスグッド・シンスプリント

野球肘・かかとの痛みなど

スポーツ障害でお悩みの方

からだ支援 アシスト接骨院にご相談ください

関連記事

  1. ペインシフト研究会の勉強会に行ってきました

  2. 内臓の冷えと腰痛について

  3. スポーツ障害の治療症例  腸の冷える食生活

  4. 7月28日は17:00受付終了です!

  5. 腸の冷えからくるスポーツ障害の治療症例