ペインシフト研究会の勉強会に行ってきました

今回は股関節の筋肉とふくらはぎの筋肉が全身に及ぼす影響について

しっかり勉強してきました!


人の身体は本当に不思議ですね。

なんでこんなところの異常が

こんなに遠く離れた部位に影響するんだろうか?

と思ってしまいますが、

どこかの機能が落ちれば

その落ちた機能を他の部分が補うように出来ています。

でも、それを補っている部分は

「これからココの機能が落ちた分を補うようにがんばるよ~」

とは言いません。

だから気づかないのです。

その代償を繰り返した最終的に負担がかかったところに

痛みとして症状が表れます。

だから私たちはその痛みの出ている部分が悪い部分なんだと思ってしまいます。

オスグッドやシンスプリントなどはとてもいい例です。

痛みのある部分をいくら治療してもまず治りません。

腰痛や首肩の痛みなども同じです。

日常生活の身体の使い方、姿勢の問題によって起きた

最終的に負担がかかったところが

腰であったり首であったりなのです。


もっと言えば、内臓や精神的な問題もとても大きく関与しているのです。


どこか具合がわるいなと感じた時は

今の自分の生活習慣を見直すいい機会だと思ってください!



オスグッド・シンスプリント・シーバー病

野球肘・テニス肘などスポーツ障害でお悩みの方は

からだ支援 アシスト接骨院にご相談ください!

 

 

 

関連記事

  1. 部活による腰痛の治療

  2. 足の裏には3つのアーチがある

  3. スポーツ少年にも効果を発揮 の続き

  4. バスケットのシンスプリンント 症例

  5. からだ支援という思い

  6. スポーツ障害治療と偏平足

  7. 捻挫がクセに?②

  8. スポーツ障害から学ぶ