高齢社会に向けての準備は?

先日いらっしゃった患者さんで

前回のブログをお読みくださって


お仕事している人の準備はわかるけど

私のような仕事もやめて

夫も退職してっていう人は

何を準備すればいいの?


というご質問をいただきました。



そうですね、前回はそこまで書けませんでしたが

実はとても重要です!


この方はまだまだお若いのですが

実は日本はこれから超高齢化社会に向かっていきます。


この問題は世界でも例を見ない

おそらく、日本がこれから先進国の

高齢化社会のモデルになっていくことになると思います。



高齢化社会の中で一番の問題は

介護問題です。




では、何を準備すればいいのか?


それは、介護に頼らない体づくりです。


人の身体は何もしないでいると

40歳以降年に1%ずつ筋力が落ちていきます。

60歳の人は40歳の頃より

20%も筋肉が落ちるのです。


20%はとても大きいです。



だから、これを出来る限り落とさないようにすることが

準備です。


 

 

 

だって・・今さら遅いでしょ?


 

と言いたくなるのは

 

何もしたくない人の得意パターンです。


今さら遅いからやっても意味ないからやらない



そうやって正当な理由をつけることで

楽な方へいこうとする。


 

心配いりません!

筋肉はいくつになっても

鍛えることが可能です(*^^)v



筋肉の質は若干変わっても

筋肉はつけることが出来ます。


しかし、そのためには

それなりの運動をしなければなりません。

 

当然苦しいです。

やりたくないことだらけです。


それが準備です。


でも、もし準備がしっかりできていれば

たとえ入院が必要になっても

車いすに頼らずに退院することだって可能です。



運動が重要なのはわかるけど

私は、膝も腰も痛いし

とても運動なんて出来る身体じゃないし・・・



という方も非常に多いです。


こういう方は準備のさらに準備が必要なのです。


 

それについてはまた次回



 

 

====お気軽にご相談ください====



<自律神経失調症・うつ>

なかなか改善しない肩こり・腰痛

頭痛・めまい・顎の痛み・違和感

食欲不振・不眠などは

自律神経失調症かもしれません。

からだ支援 アシスト接骨院の自律神経失調症専門整体

http://ashisuto-sekkotuin.com/jiritsu


 

<スポーツ障害>

オスグッド・シンスプリント・シーバー

野球肘・テニス肘などスポーツ障害でお困りの方

からだ支援 アシスト接骨院 スポーツ障害専門整体

http://ashisuto-sekkotuin.com/athlete


 

<メールによる無料相談>

http://ashisuto-sekkotuin.com/contact

関連記事

  1. 理想と現実のギャップがストレスを生む

  2. オリンピック柔道  ~治療家のひとり言~

  3. 身体の声を聞くパーフェクト整体

  4. 男ってずるい?

  5. 要介護予防のための準備の準備

  6. 礼に始まり礼に終わる  ~治療家のひとり言~

  7. 生き苦しい時は息苦しくなる?

  8. なにやらおかしい