成長期の身体は怪我しやすい?

成長期は骨の伸びるスピードが速く

筋肉の成長はそれに追いついていないため

骨に引っ張られている状態になります。

 

つまり常にやや緊張気味なのです。

 

そんな緊張気味の状態では

血管は圧迫されているために

血行不良が起こります。

 

もちろん普通に生活する分には何ら問題ありません。

 

ただ、スポーツを一生懸命やるお子さんは

筋トレやダッシュなど

身体に疲労物質が発生する機会が多いため

それがしっかりと流れていかなければなりません。

 

血流がわるいために

蓄積した疲労物質は

痛みとしてあらわれてくるのです。

 

 

このようなケースでは

定期的な筋の調整によるメンテナンスが

必要になってきますが、

ストレッチや入浴など

セルフケアをしっかりと行うだけでも

改善できることがあります。

 

まずは自分でしっかりと

自分の身体をケアする習慣をつけましょう。

 

小学生のころと違って

これからは自分自身の意識も

と~っても大事になってきますので

そこらへんも頭に入れて

頑張りましょうね(*^^)v

 

 

 

====お気軽にご相談ください====



<自律神経失調症・うつ>

なかなか改善しない肩こり・腰痛

頭痛・めまい・顎の痛み・違和感

食欲不振・不眠などは

自律神経失調症かもしれません。

からだ支援 アシスト接骨院の自律神経失調症専門整体

http://ashisuto-sekkotuin.com/jiritsu


<スポーツ障害>

オスグッド・シンスプリント・シーバー

野球肘・テニス肘などスポーツ障害でお困りの方

からだ支援 アシスト接骨院 スポーツ障害専門整体

http://ashisuto-sekkotuin.com/athlete


<メールによる無料相談>

http://ashisuto-sekkotuin.com/contact


関連記事

  1. 明日は学総体 水泳

  2. 症例報告 手首の痛み

  3. バスケットのシンスプリンント 症例

  4. スポーツ障害治療症例  足の甲の痛み

  5. スポーツ障害から学ぶ

  6. スポーツ障害治療をしていて嬉しくなる時

  7. スポーツ障害から学ぶ仲間の大切さ

  8. 宮越兄弟勝利!!