近頃の当院では

 

スポーツ障害の患者さんと

 

ともに増えているのが

 

背中や肩甲骨間の

 

痛みや不快感の症状です。

 

 

 

 

状態はもちろん様々ですが

 

ひどい方になると

 

呼吸すら乱れて

 

かなり苦しそうな方もいます。

 

 

 

胸郭(肺を包む背骨や肋骨)が

 

しっかり動くことが出来ないと

 

呼吸に支障をきたす事が

 

あるのです。

 

 

 

呼吸の乱れまで来ると

 

もう重症と言っていいと

 

思いますが実は気づかぬうちに

 

予備軍になってしまっている

 

少なくないんですよ!

 

 

 

 

呼吸の浅さを自覚して

 

いる方はまだマシな方で

 

普段、あまりにも当たり前に

 

呼吸をしているせいか

 

ほとんどの方は

 

気づいてすらいません。

 

 

 

 

「浅い呼吸」が身体に与える

 

ダメージは意外と侮れません。

 

 

 

イライラしやすいとか

 

疲れやすい・・・から

 

自律神経失調症や

 

うつ病の原因になる事もあり

 

非常に多岐に渡ります。

 

 

 

 

気になった方は自分の

 

呼吸が浅いかどうか

 

簡単にチェック出来る方法を

 

ご紹介しますので試しに

 

チェックしてみて下さい。

 

 

①みぞおちあたりで胸囲を測り

呼吸時の差が3センチ以上ある事。

 

②思い切り息を吸った後、ゆっくり息を

吐いていき、20秒以上吐き続けられる事。

 

 

これが出来ないと呼吸が

 

浅いと言えます。

 

あなたはどうでしたか?

 

 

 

 

呼吸については

 

まだまだお話したい事が

 

ありますので

 

次回もこのテーマで続きます。

 

 

 

アシスト接骨院   鈴木

 

 

 

 

<スポーツ障害>

 

オスグッド・シンスプリント・シーバー

 

野球肘・テニス肘などスポーツ障害でお困りの方

 

からだ支援 アシスト接骨院 スポーツ障害専門整体

 

http://ashisuto-sekkotuin.com/athlete

 

<アシストベーシック整体>

 

首から肩にかけての嫌な重だるさ

 

肩甲骨まわりの何ともいえない不快感

 

寝返りや起床時のつらい腰の痛み

 

などを改善していきます。

 

お気軽にご相談下さい!