ついにオリンピックが

 

開幕しましたね!

 

スポーツに一生懸命

 

取り組んでるアスリートの

 

皆さんは注目している事

 

でしょうが深夜まで観戦

 

して寝不足続き・・・

 

なんて事のないよう

 

気をつけましょう ^ ^

 

 

 

 

 

 

さて、夏休みも中盤に差し掛かり

 

運動部やクラブでスポーツに

 

取り組んでいる学生の皆さんも

 

合宿や大会、練習試合にと

 

忙しく、体力的にもしんどい

 

時期になってきました。

 

 

 

 

 

普段より、練習の頻度も高く

 

時間も長く、密度も濃い

 

選手として成長出来る

 

いい時期ではあるのですが

 

それなりに疲労もします。

 

 

 

ましてや体力強化を主な

 

課題とした合宿や試合が

 

一日にいくつも組まれた

 

遠征など、日程的にも

 

ハードですからね。

 

 

 

 

当然ですが、運動前後の

 

ケアが大事になってきます。

 

 

 

 

そう、ウォーミングアップと

 

クールダウンですね。

 

 

 

日本のスポーツ教育において

 

総じてこの「ケア」の部分に

 

対する意識もかける時間も

 

足りないのでは?

 

と感じています。

 

 

 

トップレベルのアスリートは「ケア」の

 

部分にすごく気を使っています。

 

これ実は、すごく大きな違いなんです。

 

 

ケアが足りないとケガや故障の

 

危険性がグッと増します。

 

 

レベルが高くなると当然

 

練習の強度も比例してくる

 

はずですから余計に

 

必要になってきます。

 

 

それにしても

 

ウォーミングアップについては

 

時間的に不満はありますが

 

取り入れている所が

 

ほとんどですから

 

まだいいのですが

 

クールダウンのストレッチなどは

 

行ってすらいない所も

 

あるのではないでしょうか?

 

 

 

 

頭では理解しているのですが

 

なかなか実践出来ていない方

 

差がつくのはこういうところですよ!

 

 

 

例えば大事な選考会の前に

 

故障してしまったら

 

それまでの努力も報われませんし

 

団体競技ならチームメイトにも

 

迷惑をかけてしまいます。

 

 

 

2020東京を目指すアスリート

 

の皆さん、故障しない身体作り

 

を目指してケアも頑張りましょう!

 

 

 

アシスト接骨院   鈴木

 

 

 

 

<スポーツ障害>

 

オスグッド・シンスプリント・シーバー

 

野球肘・テニス肘などスポーツ障害でお困りの方

 

からだ支援 アシスト接骨院 スポーツ障害専門整体

 

http://ashisuto-sekkotuin.com/athlete

 

<アシストベーシック整体>

 

首から肩にかけての嫌な重だるさ

 

肩甲骨まわりの何ともいえない不快感

 

寝返りや起床時のつらい腰の痛み

 

などを改善していきます。

 

お気軽にご相談下さい!