膝のお皿の痛みの原因は・・・

 

 

 

 

いまだに台風がウロウロしていますが

 

朝晩は涼しく、秋めいてきて

 

だいぶ過ごしやすくなりましたね。

 

 

 

 

 

さて、当院にはオスグッドを

 

はじめとした、膝の痛みで

 

来院される患者さんが

 

沢山いますが、その中で

 

意外と多いのが

 

膝蓋骨(膝のお皿)周辺の痛みです。

 

 

 

 

 

 

スポーツ障害の中で比較的メジャーな

 

オスグッド、ジャンパー膝、ランナー膝

 

といったものとは痛みの

 

出る場所が少し違います。

 

 

 

 

 

膝のお皿の裏側(奥)や

 

お皿のアウトラインに沿って

 

出る痛みです。

 

 

 

 

 

 

これはどうして痛むのでしょうか?

 

当院では

 

 

 

 

膝のお皿の位置が悪いから

 

 

 

 

 

と考えます。

 

 

 

 

 

 

それでは、膝のお皿の位置が

 

悪いというのはどういう事でしょう?

 

 

 

 

 

 

膝のお皿というのは

 

大腿骨(フトモモの骨)と脛骨(すねの骨)

 

で構成される膝関節に出来た隙間に

 

スッポリと収まっているのですが

 

何らかの理由でこれが

 

あるべき位置から

 

ずれて収まっていると

 

お皿周りの痛みの原因になります。

 

 

 

 

 

一番多いのは大腿骨と脛骨の

 

軸が合っていないために

 

膝関節の隙間が正しく

 

保てていないケースです。

 

 

簡単に言うと

 

膝がねじれている

 

という事です。

 

 

 

 

思い当たる方は仰向けで寝て

 

首だけ持ち上げて上から

 

脚の軸をチェックしてみて下さい。

 

膝から下が外側を向いている…とか

 

大腿とすねの軸が明らかにずれている

 

ようなら要注意です。

 

お皿の痛みだけでなく

 

膝自体の痛みにも

 

繋がりやすいですよ。

 

 

 

 

アシスト接骨院   鈴木

 

 

 

 

<スポーツ障害>

 

オスグッド・シンスプリント・シーバー

 

野球肘・テニス肘などスポーツ障害でお困りの方

 

からだ支援 アシスト接骨院 スポーツ障害専門整体

 

http://ashisuto-sekkotuin.com/athlete

 

<アシストベーシック整体>

 

首から肩にかけての嫌な重だるさ

 

肩甲骨まわりの何ともいえない不快感

 

寝返りや起床時のつらい腰の痛み

 

などを改善していきます。

 

お気軽にご相談下さい!

 

 

 

関連記事

  1. スポーツ障害の予防

  2. スポーツ障害から学ぶ

  3. スポーツ障害を乗り越える 2

  4. 症例報告 手首の痛み

  5. 狭山市のバスケット少年のオスグッド治療

  6. 成長期の腰痛とすべり症

  7. 宮越兄弟勝利!!

  8. 足の裏には3つのアーチがある