巷では今、「肩甲骨はがし」と

いうのが流行っているようですね。

 

我々、治療家からすれば流行に

関係なく肩甲骨は定番の治療ポイント

なのですが、流行でもなんでも

注目を浴びてみなさんの健康への意識が

高まるのは良いことだと思います。

 

確かに肩甲骨間の痛みや不快感で

お悩みの方は多く、当院にも

たくさん来院されます。

 

肩甲骨はがしのやり方は

肩甲骨まわりの筋肉をストレッチで

ゆるめたり中には肩甲骨の内側の

隙間から直接、指を差し込むような

過激?なやり方も紹介されています。

 

ん~ でもこれは肩甲骨がわずかでも

動いているとか、多少の隙間が

残っている人ならいいのですが

肩甲骨がびっしり張り付いている

ような人には厳しいのではないか

と感じます。

 

実際にウチにいらっしゃる方は

全く動いていないような方も

少なくないですから・・・

 

肩甲骨は上腕骨という腕の骨と

鎖骨と合わせて、肩関節を構成しています。

それでいて肋骨の上に筋肉などの組織を

介して、ポコンと乗っかっているような

状態なのです。

 

間に筋肉はありますが肩甲骨と肋骨が

びっしり張り付いているので

動きたくても動けない状態。

 

ちなみにこの状態で無理に腕を

上げようととすると肩甲骨は

張り付いたままなので

その周りの筋肉などが無理に

引っ張られて痛みを感じたりします。

 

では、なぜ肩甲骨が張り付いて

しまうのか・・・

続きは次回に書いていきますね。

 

 

アシスト接骨院   鈴木

 

当院院長の著書が

発刊されました!

 

 

『健康は尾骨が9割』  

冨田公央 著

朝日新聞出版  

定価1300円+税

 

img_20161115_114741

 

全国の書店、アマゾン等で

絶賛発売中です!!

 

 

<スポーツ障害>

 

オスグッド・シンスプリント・シーバー

野球肘・テニス肘などスポーツ障害で

お困りの方

からだ支援 アシスト接骨院 

スポーツ障害専門整体

 

http://ashisuto-sekkotuin.com/athlete

 

<アシストベーシック整体>

首から肩にかけての嫌な重だるさ

肩甲骨まわりの何ともいえない不快感

寝返りや起床時のつらい腰の痛み

などを改善していきます。

 

<自律神経整体>

病院で検査しても異常が見つからない

自律神経の諸症状は整体で

改善することが出来ます!

まずはお気軽にご相談下さい!