オキシトシンは女性にこそ大事!?

オキシトシンというホルモンがあるのをご存知ですか?「幸せホルモン」「愛情ホルモン」などと呼ばれ、こちらでもご紹介したセロトニンとともに、心に安定をもたらす物質として、知られています。これは人間・・・まして女性にはとても大事なものなのです。なぜ女性により必要なのか・・・それは生命誕生からママさんとして子育てに至るまでに非常に重要な役割を担うからです。オキシトシンには分娩のときに子宮を収縮させたり、母乳の分泌を促す働きがあるのです。

オキシトシンは母親が赤ちゃんを抱っこしたり、恋人同士が手をつないだり・・・というスキンシップのときに分泌が促されます。またそれだけではなく、家族とのだんらんや、親しい友人との会話など、物理的ではない人とのふれあいでも分泌されるようです。

近頃はオキシトシンが入っているサプリやスプレーなどが売られていて、足りないなら外から摂取すればいい・・・ というような風潮がありますが、あまり外部からの摂取に頼るとオキシトシンを自分自身で作り出せなくなってしまいます。使用の際は充分にご注意ください。

ママさんはお腹にいるときも、生まれてくれてからも赤ちゃんと沢山触れ合って欲しいですね。

関連記事

  1. 脳脊髄液について

  2. 行動するということは苦しい?

  3. ゲーム脳と自律神経

  4. 「まくら」のお話

  5. 妊婦さんの腰痛と整体

  6. お腹の赤ちゃんにとって母体って?

  7. 自律神経失調症と夢をよく見る人

  8. 不合格でわかる自律神経失調症・うつになりやすい人~自律神経整体ブログ~…