マタニティブルーズと産後うつの違いとは・・・

産後のママさんには育児という体力的に大変なお仕事が待っています。そもそも出産自体が大仕事なのに休む暇もなく赤ちゃんのお世話をすること、産後の急激な体質の変化、そして育児へのプレッシャーやストレスにさらされるので、この時期に体力的、精神的ともに限界を迎えて、心の健康を害することがあります。それをマタニティブルーズ症候群や産後うつ病といいますが、それぞれどんなもので、どこが違うのでしょう?

マタニティブルーズ症候群・・・大体産後3~10日頃に、急に涙もろくなったり、理由もなく悲しい気分になったり、不安で寝れなくなったりする症状。産後にホルモンバランスが急激に変化することが主原因で通常は2週間程度で治まるが諸々、重なると産後うつ病に発展する事も。一般的に使われる妊娠中に起こる「マタニティブルー」とは意味合いが異なる。出産後の女性の1~2割程度にみられるといわれている。

産後うつ・・・産後2~3週間くらいから数ヶ月の間に発症する産後特有のうつ病。産後の育児疲れや睡眠不足、孤独感などのストレスが主な原因で、発症後、早い段階で対処せず、放置してしまうと慢性化することもある。通常のうつと比べ、重症化しやすいと言われ、児童虐待の引き金になるとされる。

マタニティブルーズ症候群と産後うつ病の決定的な違いはホルモンバランスが原因に含まれているかどうか・・・という点だと思います。からだの機能的な問題が大きく影響する前者は一時的であることが多いので、さほど心配がありませんが、後者の産後うつ病は長引くようであれば、なるべく早く専門家に相談したほうが良いと思います。

児童虐待の被害児童は0歳児が一番多いのだそうです。心神喪失状態でなぜそうしたのか、自分でも理解できないということもあると思いますが、大切なお子様に悲しい思いをさせないことを第一に考えていきたいですね。

 

関連記事

  1. 怒っていても無関心よりずっといい

  2. 睡眠時無呼吸症候群である事に気づかず・・・の続き

  3. 台風と自律神経 2

  4. 「湯たんぽ」はあなどれない?

  5. バランスが大事!

  6. やっと雨が降りましたが・・・

  7. 心臓や胸の症状は・・・

  8. 浅い呼吸は病気を招く⑥