反抗期や更年期にセロトニンは有効?

思春期のお子さんは複雑な時期でもありますから、扱いが難しい・・・なんてよく言いますね。反抗期というのは親御さんからすると寂しいものですが、やっぱり誰しも親元から巣立っていく際には必要な反応ですので、いつまでも素直なままでもちょっと心配になってしまいます。

とはいえあまり荒れてしまうのもそれはそれで心配になりますし、家族間でコミュニケーションが全然取れない・・・なんてのも困ってしまいますよね。

ではなぜ反抗期は荒れてしまうのでしょう?実は心の問題だけではなく、身体の問題もあるのです。思春期は性ホルモンの分泌量が増えすぎてしまうので精神的に不安定になりやすいのだとか・・・  ちなみに逆にこの性ホルモンの分泌量が減ってしまうのが更年期障害です。

セロトニンはそうしたホルモンバランスを整えてくれる「調整役」ですから、自分でしっかり作り出せる身体の環境であれば、反抗期や更年期の不安定さを抑えることが出来るかもしれませんね。

 

関連記事

  1. セロトニン受容体の作用

  2. 脳脊髄液の循環について

  3. 浅い呼吸は病気を招く⑥

  4. 海外赴任から帰国後にうつ病と診断された患者さん 

  5. バナナに多いアミラーゼ

  6. 家事に追われて睡眠時間を削ってしまい・・・

  7. 親の過干渉が「新型うつ」にしている?

  8. 高校生男子の起立性調節障害の施術例