からだ支援という思い

 

まず、少しだけ私自身の体験談をさせて頂きます。

 

私は30歳を過ぎてから運動を始めました。

 

恥ずかしながら20代はあまり運動することもなく、というよりむしろ体を動かすことが嫌いで

移動は車、階段はエスカレーター、ジョギングや筋トレなんて想像もつかないくらいでした (^_^;)

 

30歳を過ぎて、当時1日300人という患者さんが来院する整形外科に勤務していた私は

1日仕事が終わるとグッタリといった日々が続き、仕事のストレス発散もうまく出来ていませんでした

 

 

するとある日突然、胃の痛みとムカムカ感が出るようになり

 

病院で検査もしましたが異常なしと言われ

 

 

薬を飲んでも症状は変わらず医師からは「ストレスだね」と言われ

 

 

症状が変わらないと訴えては薬を変えられの繰り返しでした。

 

 

次第に胃腸障害の他に不眠や蕁麻疹といった自律神経失調症の症状が出るようになり

 

この時ストレスが身体に及ぼす作用はこれほどまでに大きいものなのだと思い知りました。

 

 

 

 

 

このままではいけないと思い、ストレス発散に空手の道場に通うようになりました。

 

 

 最初はストレス発散程度にと思っていましたが、次第にその魅力にハマっていき、

 

 道場に通うようになって半年が経つ頃には

 

不思議とあれだけ悩まされていた自律神経の症状は完全に出なくなっていました。

 

 

 

 

 

 

「うつ病治る人・治らない」の著者で

 

人日本自律神経研究会代表の鈴木直人先生はよく

 

 

感情は筋肉に表れる

 

 

と言われていますが、今にして思えば身体を動かしたことによって

 

筋肉に閉じ込められた怒り、我慢といった負の感情を解放できたことが

 

身体の症状解決に繋がっていたんだと思います。 

 

ほ   ※  当時の私の場合、身体を動かす余力があったので結果的にこれで良かったのですが、症状の強い方は

 激しい運動は逆効果になる場合があります。

 ご自分の状態が身体を動かせるステージにいけてないのに無理に運動してしまうと

 枯渇したエネルギーを消耗してしまい、仕事や家事だけでなく身体症状に対応するエネルギーまで

 減らしてしまいますので、まずはしっかり休養をとることを優先にしてください!   

 

 

 

 

 

その後、絶好調だった私は初めて試合に出てみようと思い

より一層練習に励みました。

 

 しかし、もともと身体が硬く腰痛のあった私は、

 

練習に打ち込むうちに再び腰を痛めてしまいました。

 

 最初のうちは腰痛体操やストレッチなどでどうにかなっていましたが、

 

 そのうち左足にシビレを伴うようになり 思うように練習が出来ないくらいになってしまいました。

 

 

 

 

その時、いろいろな病院、整骨院、治療院などをまわりましたが

 

保険の治療では、施してもらえる治療はたかが知れていて

 

 当然改善はせず、整体などは都内の方まで行かないと

 

 効果的で良い治療をしてくれる所もなく、また都内だとなかなか通うのが大変

 

 といった感じで、治療を含め自分の身体をメンテナンスしてもらうのにとても苦労しました。

 

 

 

 本来なら比較的調子の良い時から、身体のメンテナンスを

 

 していった方が強い痛みも出づらくなるので良いのですが、

 

 それに応じられるような私の理想とする施術体系の治療院というのは

 

 なかなかありませんでした。

 

 

 

 

私が考える身体のケアというのは

 

 

強い痛み、

 

姿勢や骨格矯正、

 

メンタルケアなどは

 

特殊な知識・技術を要するので当然自費でも良いと思っています。

 

結果的に早く自分のやりたいことができるわけですから時間を買うのと同じことですしね。

 

 

また

 

 

関節や筋肉のみの問題および

 

その回復期のケアを含むメンテナンスなどは

 

 

 

保険の効く範囲の問題は保険治療や低単価で頻繁に施療してもらう

 

 

 

 

といった感じで、その時々の身体の状態に応じた

 トータルケアが理想的だと思っています。

 

 

 

 

 

そして人が生きる上で必ず身体に影響をおよぼす

 

 自律神経の問題からメンタルのケアも含めた対応が出来る!

 

 

 そんな治療家が所沢にもいたらどんなに心強いだろうかという思いから

 

 からだ支援 アシスト接骨院 という名で開業しました。

 

 

 

現在では腰痛、首肩痛はもちろん

 

オスグッド・シンスプリントをはじめとするスポーツ障害や

 

 自律神経失調症にお悩みの方を中心に

 

 独自の正體法で施療にあたらせて頂いております。

 

 

 

もしあなたが

 

スポーツ障害や腰痛

 

頭痛・めまい・食欲不振・息苦しさ・呼吸が浅い

 

のどの違和感、異物感・不眠・眠りが浅い

 

手足の冷え・顎の違和感などでお悩みの時は

 

からだ支援 アシスト接骨院までお気軽にご相談ください!

 

こちらからメールでの無料相談も受付ています。

 

 

 

 

関連記事

  1. 腰の痛みから食欲不振と不眠症につながり

  2. スポーツ障害治療症例  足の甲の痛み

  3. あなたも「かくれ不眠」かもしれません

  4. 海外赴任から帰国後にうつ病と診断された患者さん 

  5. 特異的な考えの人とストレス

  6. 顎関節の動きについて

  7. 成長期の腰痛とすべり症

  8. 高校生男子の起立性調節障害の施術例