児童虐待防止キャンペーン!!

からだ支援 アシスト接骨院

幼児児童虐待防止キャンペーン!

 

妊婦さんとママのためのトータルケア

Baby Breast Feeding

 

 

ある日・・

 

仕事が終わりテレビを観ている私に子供が一生懸命話しかけてきました

しかし、テレビを観ていた私はその時

「今テレビ観てるから。後で聞くからちょっと待ってて」

と言ってしまいました。

その言葉を言い放った直後、自分の胸に違和感というか変な気持ち悪さを感じ、ふと我に返りました。


子供が一生懸命私に何かを訴えようと話す言葉と、何の思い入れもないテレビとどっちが大事なのか?



比べるまでもない、当然我が子の言葉です。

そんなことわかりきっている、わかりきっていたはず。


この子が生まれた時に最初に何て言うのか?

ママ、パパという言葉をいつ言ってくれるんだろう?

そんな思いでいっぱいだったのに

いつの間に子供の声よりテレビを優先するようになってしまったんだろう・・


罪悪感でいっぱいになりました。

それ以来、テレビを観ていても子供が話しかけてきた時はテレビを消します。

子供が主ならテレビが雑音なのです。



同じようにいろいろな場面でお子さんにキツイ言い方をしたり冷たい態度をとってしまうことありませんか?

 

わかっているのについ子供を傷つけるような言動をとってしまう


実はこれ、自分の中にあるマイナスの感情が、ぶつけやすい弱い立場のお子さんに向かっているだけなのです。

そのマイナスの感情を作っているのはストレスです。

そして、からだ支援 アシスト接骨院の一番の目的は・・

 

お子さんにとって絶対的な存在であるママの身体と心のストレスを解消しお子さんに対する不適切な関わりをなくすこと

 

 

 

今回のキャンペーンでは身体と心の両方にアプローチしたトータルケアを行います。

身体のケアは比較的どこでも受けられますが、ストレスや心のケアとなると未だ敷居が高く抵抗が大きいというのが現状だと思います。

しかし、本来ストレスによるマイナスな感情は溜め込まずに出来るだけ解放した方が良いのです。

また、知っているだけで減らせるストレスも意外と多いのです。

ストレスに振り回されることで悲惨な関係を作り上げてしまわないよう、しっかりと対策してみませんか?




 

育児そのものがストレスというママへ

 

そのストレスの原因は本当にお子さんにあるのでしょうか?

ご主人や友人、親族や職場の人間関係によって作られたマイナスの感情がストレスになってお子さんに向かっていませんか?

そんな外部のストレスが一切ないのに育児がストレスだとしたら

それすら本当の問題はお子さんにあるのではなく自分の中にある “何か” なのです。

その何かがわかると思考のパターンや視野が広がり自分の人生が変わってきます。


 

ストレスは精神的なものばかりではありません

 

疲労や痛み、シビレ、骨格の歪みも肉体的ストレスといってストレスになります。

なので睡眠不足は当然ストレスになりますし、抱っこなどによる腰の痛みや腕、肩、背中まわりの痛みを抱えたままでは健康的な状態でお子さんと向き合うことが難しくなってしまうのです。

どんなに自分の中でマイナスの感情を抑えようとしても、身体が疲れきっていたり、あちこち痛みを抱えボロボロの状態では抑えるどころか思考もマイナスになってしまいます。

身体と感情は密接に繋がっているのです!

 

 

 

 

WHOの健康の定義ってご存知ですか?

 

肉体的・精神的・社会的に良好な状態をいい、単に病気ではないとか弱っていないということではない

 

とされています。


病気じゃないけど学校に行ってない

身体は元気だけど心が荒れている

精神的には問題ないけどいつも疲れている

これらは健康とは言えないのです。

心も身体も健康で初めて社会的にも健康な状態になれるのです。

 

 

何度も言いますが、

一番の目的はお子さんにとって絶対的な存在であるママの身体と心のストレスを解消しお子さんに対する不適切な関わりをなくすこと!

 

 

そこで

今回のキャンペーン

育児ママのためのトータルケア

の具体的な内容ですが

 

問診 

現在抱えている症状について詳しくお話を聞きます。

検査 

骨盤をはじめ背骨や姿勢のチェックや主訴に対する検査をします。

カウンセリング 

現在抱えているストレスやお悩みについてカウンセリングしていきます。(30分前後)

ボディケア 

お身体のツライところに対して治療していきます。(20分前後)

アンケート記入とインタビュー 

アンケート用紙にご記入いただき簡単なインタビューをさせて頂きます。

料金         1000円


通常受けると初診料込みで8000円の自律神経整体の中でしか行わないカウンセリングがこのキャンペーンでは1000円で受けることが出来ます!

10月末日迄先着10名様限りです。

完全予約制になりますのでお電話か院内窓口にてお申し込みください。

早い者勝ちです!

キャンペーンに関するお問い合わせはお電話04-2942- 0144か

ホームページ内の無料相談フォームからお気軽にご相談ください!




心当たりありませんか?


子供が服を汚して怒鳴ってしまう

食べるのが遅くて叱ってしまう

夜泣きをするから叩きたくなってしまう

おもらしをされてイライラする

口ごたえにムカッとくる

他の子に比べて○○が遅いから不安

自分に似ていないから可愛く思えない

とにかく育児に疲れている


これらは自分の中にあるマイナスの感情がお子さんに向かっているだけかもしれません。

もし、あなたが2つ以上当てはまるのなら今回のキャンペーンはぜひ受てみるべきです!

 

対象は

 

・現在妊娠中の妊婦さん

・育児中のママでストレスを抱えている

・ストレスはないけど今後の為に受けてみたいという妊婦さん・ママ


※ストレスは育児によるものに限りません。

 むしろその他のストレスが育児ストレスに繋がっているかも知れません


 

 

 

 

妊婦さん

妊娠中はホルモンの変化によって身体は色んな症状を起こします。

つわり・足の痙攣やむくみ・腰痛・頭痛・肩こり・背部痛・食欲不振・便秘・不眠など、不定愁訴といわれる様々な不調が現れます。

にも関わらず、妊娠は病気ではないと言われ、薬も飲めない上に、その辛さに対する周囲の理解も低いために我慢を強いられることもあります。

また、身体症状だけでなく出産・育児に対する不安や些細なことでも泣きたくなるなど、感情が不安定な状態にもなりやすく精神的なストレスが大きくなります。


育児中のママさん

産後のママさんは赤ちゃんの性格にもよりますが、そのほとんどが2、3時間おきに授乳やオムツ交換で熟睡は出来ません。

また、育児期に入るとお子さんが動き回るようになり、常に目が離せないため自分のやりたい事はおろか家事すら思うように進みません。

とにかく育児は24時間年中無休です。肉体的にも精神的にも余裕のない状態になってきます。

この肉体的・精神的というのがどちらもとても重要です!

どちらかがいっぱいいっぱいになってもどちらかが余力があれば、なんとか乗り切れるのですが、

両方とも限界だと本当に同じ人とは思えないような思考や言動をとったりしてしまいます。

 

Q&A

 

Q.下の子が生まれてから育児ストレスを抱えていますが、ストレスの原因は夫にあるのはわかっています。こんな私でも受ける意味ありますか?

 

A.はい、ございます。ほとんどの方がお子さんとの関わりによるストレスではなく、その他の出来事によって抱えたストレスがお子さんに向かっています。それを知るだけでも関わり方は変わると思います。

 

Q.年齢制限はありますか?

 

A.ございません。年齢に関係なく妊婦さん、育児期のママであれば対象です。

 

Q.現在妊娠中で、特にストレスはないのですが今後のために受けてみたいのですが

 

A.何がストレスとなって、いつ振りかかってくるかわかりませんので、ぜひ受けられることをおすすめします。

 

Q.私ではないのですが、妹が育児ストレスになっています。受けた方が良いでしょうか?

 

A.カウンセリングはご本人に受ける意思がなければ意味がありませんのでお話をして「受けてみたい!」「変わりたい!」と言われるようならおすすめしますが、ご本人にその気がなければ無理に受けても、残念ながらあまり意味がないと思います。

 

Q.妊娠中ですがトータルケアの中にあるマッサージは受けても大丈夫でしょうか?

 

A.マッサージは部分的にほぐす所もあるかもしれませんが、状態に応じてその方にあった施術を行う予定です。基本的にはマッサージではなく骨盤や背骨など問題のある関節の機能をあげるための施術をしますので、妊娠中でも全く問題ありません。

 

Q.カウンセリングなどは一回キャンペーンでお願いしたからと言ってストレスは解消されるのでしょうか?

 

A.ストレスをゼロにすることは出来ませんが、知っているだけで減らせるストレスも多いのです。また問題が一回で解決するかどうかはその方の中にある問題次第ですのでわかりませんが、通常は数回から場合によっては数十回という回数が必要なケースの方が多いです。もちろんそういったケースでは問題解決につながるように出来る限りサポートしていきます。一回目で問題だけ刺激して後は知りませんということにはしません。

重要なのは全く受けない事と一回目に踏み込んでみるという事の差はカウンセリング一回分だけの差ではないという事です。



 

 

児童虐待の現状

残念ながら今年上半期に全国の警察が摘発した児童虐待の事件は221件で過去2番目に多くなり、被害を受けた子どもが11人も亡くなっています。


警察庁によりますと、ことし6月までの半年間に警察が摘発した児童虐待の事件は221件で、去年の同じ時期より27件、率にして11%減ったものの統計を取り始めた平成12年以降では2番目に多くなりました。

この内、


・体的な虐待が157件と最も多く

・性的な虐待が49件

・親から刃物などで脅されたり、暴言を浴びせられたりして心に傷を受ける「心理的虐待」が8件


となっています。
この半年間に児童相談所に通告された子どもは10,061人と、去年の同じ時期より40%近く増え、過去最多となっていて、
この中では心に傷を受ける「心理的虐待」が半数余りも占めているのです。





このような悲惨な事件が一つでも無くなることを祈りつつ、からだ支援アシスト接骨院では出来る限り力を注いでいきたいと思っています!

受付時間外など、メールフォームでもご相談を受付けておりますので、あわせてご利用くださいませ。