アトピー・ぜんそく・便秘など発達障害のお子さんによく見られる身体症状も

発達障害で不安なのは

・言葉が遅い

・コミュニケーション

・多動

・行動が荒い

・勉強がついていけない

・友達がつくれない

など、社会的お困り感だと思いますが、

個人レベルでは「眠れない・寝すぎる・食べれない・食べ過ぎる・お腹をくだしやすい・便秘・頭痛・手足の痛み・疲れやすい・アレルギー・アトピー・中耳炎・鼻炎・ぜんそく・熱発しやすい」といった身体的問題を複数抱えていることがあります。こうした症状はストレスの影響がとても大きく、コミュニケーションが上手にとれないことや、お友達に対する劣等感、周囲の大人の対応など、精神的なストレスからの影響が症状を悪化させてしまい、発達のお困り感を増大させる要因となっています。実はこれらも全て土台である身体の歪みからきていることが多く、からだ支援の発達整体プログラムを受けているうちに解消されたという報告を受けています!

「発達障害」という診断がついていなくても、かんしゃく・てんかん・視力が弱い・集中力がない・言葉に遅れがある・チック・タグを嫌がる・背中が過敏・体幹が弱い・手が不器用・歩き方が変・中耳炎になりやすい・夜泣き・発熱しやすい・などは整体で改善できるものがあります!


 

 

 

 

 

↑こちらをクリック

 



からだ支援 アシスト整体院

電話 04-2942-0144

住所 〒359-0044 所沢市松葉町10-15 明光ビル4F