妊娠中のストレスを解消し、元気な赤ちゃんを産める体をサポートする整体!


妊娠初期・中期・後期で妊婦さんのトラブルも原因も違います!カラダ支援アシスト整体院は妊婦さんの施術ができる数少ない整体院です。


妊婦さんに多いカラダの不調


妊娠中はお腹が大きくなるにつれて、姿勢や重心軸が変化していきます。そのため思いもよらないところに負担がかかり、様々な痛みの原因になることがあります。ぎっくり腰や肩こりはもちろん、恥骨痛や肋骨の痛みなど、マッサージでは解決できない部位の痛みに悩まされる人も少なくありません。カラダ支援アシスト整体院では、妊婦さんの体の痛みや不調に対して、バキボキしない安心安全な技術で施術をしていきます!


妊娠中はホルモンバランスや身体環境の変化などで、精神状態も不安定になることがあります。また、お産に対する不安や、赤ちゃんが健康な体で生まれてくるか?といった心配、さらにはパートナーや親族からの何気ない一言に深く傷ついたりすることもあり、いつどこで精神的ストレスがふりかかるかわかりません。そのような時でも、今までなら思いきり運動したり、お酒を飲んだり、おいしいものを食べたりすることでストレス発散してこれたものが、妊娠中であるがゆえに制限されてしまい、捌け口がないまま、溜め込んでしまうこともあります。カラダ支援アシスト整体院では脳内のストレスを軽減するセロトニン活性療法や心理セラピーによって精神的なストレスに対してもケアしていますので、どんな些細なことでも一人で抱え込まず、お気軽にご相談ください!つわりと整体ついては下部に記載がありますので、ご覧になってください。

喜びの声

喜びの声をもっと見る

マタニティ整体への想い

「妊娠中の母体のストレスを減らすことは障害の有無に関係なく、発達支援として一番最初に行うべきこと!」

はじめまして。カラダ支援アシスト整体院院長の冨田です。当院は日本でも数少ない発達障害専門の整体をおこなっています。そのなかで、これまで200人以上の保護者さまとカウンセリングを実施し、発達のご相談を受けてまいりました。なかには医師や看護師、理学療法士といった医療機関で働く方もいらっしゃることがあります。そのご相談のなかで一番胸が苦しくなるのが、「妊娠中の自分のストレスのせいで」とお母さんが自分を責めてしまう言葉を聞いた時です。これは、発達障害に限らず、生まれたお子さんがアトピーや虚弱体質になることで悩まれるお母さんたちも同様に自分を責めてしまうことがあります。発達障害の原因は解明されていないことが多く、妊娠中の精神的・構造的なストレスも確かに影響があるといわれていますが、それだけが全てではなく避けようのない遺伝的要素もあれば、栄養状態、電磁波、化学物質、重金属、カビや寄生虫をはじめとする病原体などいくつかの要素が重なった結果、発達障害や自閉症が発症すると言われています。そんな中で妊娠中のストレスには削減できることがあるのに、そこをケアできる機関が少ないことも大きな問題だと感じています。わが子の発達の悩みを無くしていくための取り組みとして、まず妊娠前、妊娠中さらには育児期に必要な情報を知り、ライフスタイルを変えていくこと!そして何より妊娠中のストレスをしっかりとケアすることが必要だと感じています!当院では身体的、精神的サポートから、セルフケアや栄養指導、育児期のアドバイスまで、妊娠中だけでなく、産後も含めた母子の健康のために総合的に支援出来る院でありたいという想いのもと、日々研鑽を積んでおります。妊娠は病気じゃないからと、一人でつらい症状を抱え込まず、「こんなこと聞いたら・・・」と思わずに、些細なことでもお気軽にご相談ください!

カラダ支援アシスト整体院の特徴

①同業者が施術を依頼する信頼の技術

院長の冨田は(社)日本パーフェクト整体普及協会の理事として全国で300人以上の治療院の先生に技術指導をしてきました。その確かな技術から自院では治せない患者さんの施術依頼や、治療家の先生自身の体の施術を依頼され、多くの同業者の体や、プロアスリートの体もケアしています!

優しい刺激なのに効果が高い

人の体の関節は本人も感じないレベルでゆっくりと揺らいでいます。歪みによって、この揺らぎが消失すると様々な不調を引き起こしてきます。当院では、わずか数ミリの関節を調整することで、体が持つ本来の機能を回復させる施術によって、ギックリ腰から肋骨痛、恥骨痛といった他院では改善できない症状にも対応しています!

③脳と心へのアプローチができる

当院は日本自律神経研究会会員として10年、心と体のつながりを自律神経を通じて学んできました。心理学やカウンセリングスキルも学び、年間800時間以上の心理セッション(有料)も行なっております。また、所沢で唯一のセロトニン活性療法上級調律師として脳へのアプローチができる整体院でもあります。

④セミナー・講演を依頼される知識と情報量

プロ治療家治療家向けの整体講座以外にも「カラダの専門家」として、腰痛予防や肩こりなど一般向けの健康指導から、ストレスとうつ、子どもの発達支援まで朝日カルチャースクールをはじめ、全国の学校や施設などでセミナー、講座、講演を開催してきました。その知識と情報を出し惜しみなくあなたの健康のために役立てさせていただきます!

⑤豊富な経験・25年で10万人以上の実績!

10年の整形外科勤務では救急指定病院で骨折や脱臼の応急処置や入院が必要なヘルニアなど重症患者のリハビリに従事し、多摩市で一番の来院数の整形外科のリハビリ室でリーダーをつとめ、整骨院勤務では院長として整形外科とは違うニーズを持った患者様の身体をケアさせていただきました。2008年に所沢市で整骨院を開業。国家資格を取得して25年で延べ10万人以上の体をケアしてきた実績があります!

⑥国家資格者の整体院

国が認める教育カリキュラムを修了し、整骨院としての国家資格を取得。保険診療ではできない身体をトータルでケアする整体院に移行。整体技術の研鑽はもちろん、脳科学・栄養学・心理学・発達行動学など、多くのことを学び続け、幅広く患者様のニーズにお応えしています!

妊娠中に整体を受けても平気?

妊娠中に整体の施術を受けてお腹の赤ちゃんには影響ないの?って心配になる方もいるでしょう。でも、母体にとって良いことは赤ちゃんにとっても良いことなんです!妊娠中は母子一体で、腰痛などの痛みや、イライラなどのストレスをお母さんが感じていると、そのストレスはお腹の赤ちゃんにも影響を与えてしまいます!

お腹の赤ちゃんは原始反射といって生まれてからすぐにおっぱいを飲めるように反射によって生き残る手段を備え持っていますが、その中の恐怖麻痺反射と呼ばれる背中を固めて守る反射は、生後も強く残っている人もいて、その反射の残存が社会生活でお困り感に繋がることもあります。お腹の赤ちゃんにストレスをかけないようにするためには、お母さんがストレスを感じないことが大事です。また、母体のホルモンは血管を通してお腹の赤ちゃんに届けられますが、お母さんのストレスが多過ぎると、身体は母体を優先し、赤ちゃんのホルモンさえも母体のために使うことになり、赤ちゃんにとって必要な生体反応が乱れてしまうことで赤ちゃんの成長に様々な影響を与えてしまいます。

 

オキシトシンの作用について

オキシトシンは赤ちゃんが授乳する際に親子に分泌されるホルモンで幸せホルモンとも呼ばれます。このオキシトシンは出産の際に赤ちゃんをお腹から出すために子宮を収縮させるとても重要な働きがありますが、その他にも鎮痛効果や、不安を和らげる作用があります。オキシトシンはスキンシップやマッサージなど心地良い刺激が入ると分泌されることがわかっていますが、妊娠後期に不必要にオキシトシンを分泌させてしまうと子宮収縮を促すことになるため、妊娠中の施術には時期によって入れる刺激を考えて施術する必要があります。とはいえ、妊娠初期から中期にかけてはオキシトシンが出た方がちょっとした痛みは緩和されますし、不安感や嫌なことを忘れられるので、とても良い効果が期待できます!こうしたお話も最初にしっかりと説明させていただきますので、安心して受けてください。

施術の流れ

・当院は完全予約制ですので、ご来院前にご予約をお取りください。
・初回は説明や指導も入りますので1時間ほどお時間をみておいてください。

①電話またはWEBにてご予約

直接お電話にて「HPを見てマタニティ整体を希望します」とお伝えください。LINEをご登録いただくとWEB予約システムをお送りいたしますので、そちらからマタニティ整体のコースを選んで、ご都合の良い日・時間でご予約することができます。

②ご来院時に問診票をご記入

問診票には現在お困りの症状や、出産や産後に向けて気になっていることなど、「こんなことどこで相談したらいいのか?」といったことでも構いませんのでお気軽にご相談ください。当院で解決できないことや他の専門家の領域についても、患者さんにとって一番良い方法をご一緒に考えさせていただきます。

③カウンセリング

問診票に沿って、今の症状がいつ、どのようにして起きたのか?日頃多くとっている姿勢、睡眠時間や食事など、お母さんの身体だけでなくお腹の赤ちゃんの健康のためにも必要なこと、できる取り組みはないか?丁寧にお話を聞かせていただきます。(ギックリ腰のように強い症状の場合には、まず痛みを取ることを優先することもあります。)

④お身体の状態を検査と説明

骨盤や背骨、肩甲骨の位置や脚の傾き、姿勢や重心もチェックし視覚的な検査と、筋肉の状態や関節の弾発力、場合によっては内臓の位置なども触診で確認し、お身体全体の状態をチェックし、不調の原因となっている部位を探します。また、妊婦さんによってはお身体に刺激を入れてはいけない部位もあるので、事前にそういった説明も十分に行い、安心して受けていただけるように配慮しています。

⑤施術

検査で異常のあった部位が正しく機能出来る様に調整していきます。わずか数ミリの関節の隙間を調整するために眠くなるほど優しい刺激で行います。バキボキするような施術ではありませんので安心して受けていただけます。妊婦さんは調整力を多く必要としているため、施術によって正しい体の状態になっても、そこに体が順応するためのエネルギーも必要なため、長時間施術は原則ふさわしくありません。そのため施術時間は30分以内で最大の効果が出るように行います。また、施術時の姿勢にも配慮していますので、こんな姿勢をすると辛いなどありましたらご遠慮なくお申し付けください。

⑥施術後の状態を確認

施術後に動作と痛みの確認を行います。普通にしていると痛みはないけど、特定の姿勢になると痛みが出るなどがあれば、そこも調整していきます。一度に取りきれなかった症状についても詳しく説明し、自宅でできること、どの程度の間隔で次回通院すれば良いのかなどをご説明させていただきます。

⑦姿勢やセルフケア指導

妊婦さんに限らず、多くの不調は日常生活の体の使い方、特に姿勢の中で起こっています。施術によって正しい状態を取り戻しても1日8時間悪い姿勢で座りっぱなしという状態では、お身体の改善に時間を要します。そのため、当院では姿勢指導とセルフケアにも力を入れています!一日中、体を気遣って姿勢を意識するのは難しいので、多少体に負担のかかる姿勢をしても、セルフケアによって歪みを作らず自分で戻せるようにご自宅で安心安全にできるセルフケアにも取り組んでいただきます。

⑧お会計

施術から施術後の説明まで、全てが終わりましたらお会計になります。マタニティ整体の料金は5500円(税込)ですが、セロトニン活性療法や光線治療、栄養カウンセリングなど、オプションメニューをご希望された場合にはその分が加算されます。お支払いは現金の他に、クレジットカード、PayPayでも可能です。

・初回は施術料の他にカウンセリング・検査・指導料を含めた初回料2200円がかかります。
(初回料2200円+施術料5500円=7700円)

お子様づれでも全然構いませんが、預けられた方が中断が少なく、施術効果が高いです。女性スタッフがいる日は女性スタッフがお子様をみさせていただきます。

 

*ご予約の前にご確認ください!

当院ではギックリ腰のように強い症状の妊婦さんもご来院されますが、次のような症状がある方は、必ずご来院前にかかりつけの産婦人科医に診てもらってください。

・腹痛をともなう腰痛
・出血がある
・尻もちや転倒など強い衝撃を受けた
・激しい嘔吐を繰り返す

かかりつけ医を受診された上で、母子ともに問題ないけど、腰痛が残っていて辛い方はご来院ください。ご来院いただいても、こちらで産婦人科など医療機関の受診が必要と判断した場合には施術ができない場合もございます。お手間を取らせますが、母子の命を最優先に考える必要がありますので、ご理解のほどよろしくお願い致します。

マタニティ整体と一般の整体は何は違うの?

妊婦さんの施術では一般の施術と違って、次の4つのポイントで気をつけなければなりません!

・刺激量
・刺激部位
・施術時の体勢
・精神状態
 

刺激量について

私たちの体はエネルギーによって動いていますが、このエネルギーは精神力・体力・回復力・免疫力・調整力の5つに振り分けられて使われます。妊娠中は特に、お腹の赤ちゃんと2人分の調整力が必要なため、とても多くのエネルギーを消耗します。そのため、整体やマッサージなどの刺激に対して、体が順応するために必要な調整力にエネルギーが回らないことがあるため、あまり長時間のマッサージや整体は避けなければなりません。当院ではわずかな力で関節に対して数ミリの動きを調整する施術を行い、少ない刺激で最大限の効果を出すことを目的としています。

 

刺激部位について

体の中には反射的に、子宮の収縮を促進させるポイントがあります。そのため妊娠中の施術では刺激を入れて良い部位と、入れてはいけない部位があります。もちろん日常生活の中で多少触れたり、刺激されたくらいでは問題はありませんが、マッサージなどで知らずにグイグイ押したりすることで、子宮に対して余計な刺激が行くことがあるため、専門的な知識と技術を備えた整体院を選ぶ必要があるのです。

 

施術時の体勢について

多くの整体院やマッサージではうつ伏せで行うことが多いのですが、妊婦さんはうつ伏せになることが難しいことが多く、横向きで行うところも多いのですが、当院の整体は横向き、座位、仰向けと妊婦さんにとって楽な姿勢で施術を行うことができます。

 

妊娠中の精神状態について

妊娠中はホルモンバランスはじめ、身体環境が変わるため、特に病的な問題がなくても精神状態が不安定になることがあります。イライラや不安感、今までなら気にもしなかったことで怒りたくなったり、突然涙が出てくることもあります。また、パートナーや親の関わり方も大きく影響してくるため、精神的ストレスが増えるケースも珍しくありません。当院では脳内のストレスを減らすセロトニン活性療法の他に、年間800時間以上の心理セッションを実施しており、体だけでなく脳と心のケアにも力を入れているので、どんな些細なことでもお気軽にご相談ください!

ストレスを減らすセロトニン活性療法

セロトニン活性療法とは、一般社団法人セロトニン活性療法協会会長の滝本裕之先生が考案した体への施術で脳内セロトニンを活性化させる科学的な整体です。当院は所沢市で唯一の認定上級セロトニン調律師が2名在籍しております。

脳内セロトニンには人が脳内でつくり出すストレスを抑える働きがあります。脳内で分泌される、ドーパミンとノルアドレナリンを抑制する働きがあります。ドーパミンは適量出てくる分にはやる気や意欲につながる大事な脳内神経伝達物質なのですが、出すぎてしまうと満たされなくなり、やがて依存症になってしまうことがあります。ノルアドレナリンはストレス状況から脱するために集中力を高める作用がありますが、出すぎてしまうとイライラや不安感が強くなります。

たとえば、妊娠中が自分がやりたかった仕事を誰かに任せなければならなかったり、自分望むことが思うようにできなかったり、人によっては体重の増加がストレスになることもあります。このようにドーパミンが出すぎてしまうと自分自身の欲求がストレスを作ることもありますし、ノルアドレナリンが出すぎてしまうと、対人関係で何気ない一言にイライラしたり、不安に感じたりすることがあり、こうした脳内神経伝達物質のアンバランスが、精神的ストレスを強めてしまうことがあるのです。脳内セロトニンはこれらを統率する指揮者のように一定のリズムで分泌されていて、このリズムがドーパミンとノルアドレナリンの暴走を防いでくれるため、うつの薬としてもセロトニンを増やす効果のものが利用されています。セロトニン活性療法は安心安全な刺激によって、脳内セロトニンを活性化させる効果が実証された世界で唯一の科学的な整体法です。


*御徒町にあるセロトニン道場にて

当院院長の冨田の施術によって、被験者の施術後の脳波を測定。脳内セロトニン神経が活性化される脳波帯域になったことを確認。また、自分自身も脳波測定機をつけて施術を受け、施術後の脳波でセロトニン神経が活性化される脳波帯域にあることも確認しています。
セロトニン活性療法について協会理事の滝本先生の論文掲載がございます。詳しくはこちらをご覧ください。

妊娠中はなぜ腰痛が起こりやすいのか?

妊娠中はお産の際に、赤ちゃんの頭が産道を通りやすくするために通常よりも骨盤を開かせる必要があります。とくに仙腸関節と呼ばれるところは元々あまり可動性が大きくなく1〜2ミリ動くか?という程度の可動性なのですが、妊娠中はレラキシンというホルモンが関節を固定している靭帯を緩める作用をしています。これは赤ちゃんが生まれてくるために骨盤を開くための準備としては良いのですが、反面骨盤が歪みやすく、また支持力も低下します。お産が近づくにつれ仙腸関節はますます開いていき、その結果、より強い腰痛や恥骨痛として現れることもあります。当院のマタニティ整体では必要最小限の刺激で関節を調整し痛みを取り除いていきます。多くの患者さんが施術中にいびきをかいて寝てしまうほどソフトで心地よい刺激ですので安心して受けて頂けます!

つわりと整体について

つわりは早いと妊娠5週頃から始まります。8~10週頃にピークを迎え、12週頃には落ち着いてくるようです。この期間は、”ヒト絨毛性ゴナドトロピン”というホルモンの分泌量がピークを迎える時期であることから、つわりの原因は”ヒト絨毛性ゴナドトロピン”による嘔吐中枢への刺激が原因という説が一般的になっているようです。しかし、つわりのメカニズムはいまだに解明されていないことも多く、ストレスが多いと症状が重くなることから心理的な要因も大きいのではないかと考えられています。

整体の視点でいうと頭蓋骨の動きが硬くなり、脳脊髄液の循環が低下している傾向がある人ほど、つわりが強くでているようにみられます。また、妊娠後期になるとお腹が胃を圧迫して、胃酸が上がってきたり、胸焼けのような症状が出ることもあります。このようなときには胸椎の圧迫を解除してあげることで楽になることがあります。当院では頭蓋骨や背骨、横隔膜など、その時の症状で必要に応じた調整を行なっています。

院長プロフィール

冨田公央

・カラダ支援株式会社 代表取締役
・一般社団法人ここからだ 発達支援コーチトレーナー
・一般社団法人セロトニン活性療法協会認定上級セロトニン調律師
・臨床分子栄養医学研究会認定カウンセラー
・日本自律神経研究会アドバンスマスター修了
・レジリデンスジャパンQEEG測定
・ソマティック心理学会会員
・NLPプラクティショナー
・柔道整復師
・ケアマネージャー

10年間の病院勤務と4年間の整骨院勤務を経て、12年前に所沢市で開業。全国でも数少ない発達障害専門の整体院として発達障害や自律神経症状を抱える方のための整体を行っている。同時に一般社団法人ここからだが主催する発達支援コーチトレーとして、全国の発達にお悩みの保護者や発達支援事業従事者を対象に原始反射統合の講座を開催。一般社団法人日本パーフェクト整体普及協会の元理事としてこれまで200人以上のプロ治療家向けの整体講座を開催してきたが、現在は発達整体として全国の治療家に発達障害のための講座を開催。

治療家向けDVD・著書に「健康は尾骨が9割(朝日新聞出版社)がある。

施術料金について

マタニティ整体 30分 5,500円

ギックリ腰・腰痛・肩こり・肋骨痛・恥骨痛・股関節痛・腱鞘炎・各関節の痛みなど一般的な筋骨格のトラブルはマタニティ整体で対応しています!

セロトニン活性療法ハーフ 15分 4,400円(マタニティ整体に追加の場合は2,200円)

なんだか知らないけどイライラする・お産を前に心配事が多い・不安が強いという方は脳内セロトニンが不足しているのかもしれません。セロトニン活性療法は脳内セロトニン神経を活性化させるエビデンスに基づいた医師も取り入れる科学的な整体法です。

光線療法 30分1,500円

光線を当てることによって血流改善、免疫力UPが期待できます。

ザッピング 1クール 4,400円

ザッピングとはカナダのハルダ・クラーク博士の「すべての病気はウィルス・バクテリア・寄生虫・カビなどの病原体が引き起こしている」という理論を元に、病原体が嫌がる電圧を流すことで体内にいる病原体を弱化させる効果が期待できます。最初のうちは数秒しかかけられないため、10回1クールでの料金となります。

自律神経トータルケア 60分 8,800円

当院が元々おこなっている自律神経整体です。ストレスに対して精神的・構造的・化学的・環境的・生物的の5つの視点から、あなたの自律神経症状がなぜ起きているのかをしっかりと分析し、最善のケアをおこないます。

※表記の時間はあくまでも目安です。

推薦者の声

受けると幸せ気分になる施術です!

知的家事プロデューサー 本間朝子さん
人前に立つ仕事のため、ストレスが多く、半年前から息苦しさを感じるようになりました。その都度、深呼吸をしたり、ストレッチをしてごまかしてきましたが、次第に苦しくなる頻度が増え、それとともに眠れなくなることもありました。繁忙期には息苦しさがピークになり、入浴後に苦しくてしばらく動けない状態になり、このままでは仕事を続けられなくなるのではと不安を感じていた時に、冨田さんの施術を受ける機会がありました。身体が固まって腕や胸が広がらなくなっていたようですが、施術をして20分ほど経つと早くも深呼吸ができるようになり、嬉しくて思わず「深呼吸ができます!」と叫んでしまいました。施術を受けると帰宅した途端に眠気がきて、朝までぐっすり眠れるようになります!冨田さんの丁寧な施術と穏やかな配慮は身体が楽になるだけでなく、「幸せ気分」を感じられ、今ではすっかりファンになってしまいました!心身ともに健康になりたい方には心からおすすめします!

本間朝子さん プロフィール
自身が仕事と家事の両立に苦しんだ経験から、家事の効率化に役立つメソッド「知的家事」を考案し、メディアや講演等を通じて提案している。ヒルナンデスやなないろ日和などTVやラジオ出演多数、雑誌、講演などでも活躍している!
著書に「家事の手間を9割減らせる部屋作り」(青春プレイブックス)「幸せを呼ぶ家事“時短”の楽しい小ワザ88」(祥伝社黄金文庫)「欲しかったあと1時間を手に入れる時短家事メソッド」(KKベストセラーズ)などがある。



からだ支援 アシスト整体院

電話 04-2946-7543

住所 〒359-0044 所沢市松葉町10-15 明光ビル4F