カラダ支援 アシスト整体院の発達整体で発達の土台となる身体の状態を整えることで様々なお困り感を抱えるお子さんたちが変わっています!



                                

なぜ発達障害に整体なのか?

発達障害と言ってもお困り感はそれぞれ違います。それでも共通して言えるのは土台となる身体の状態が良くないということ。身体の歪みや筋肉の緊張、動きの制限など身体の状態そのものがストレスになっています!

発達障害のお困り感に対して大きく3つのことが必要になります!

・スキルトレーニング
・コンディショニング
・情緒的サポート

発達のご相談で多いのが、ある特定の分野、あるいは複数の分野で年相応の適応力が追いついていないということです。学習面やコミュニケーション、身体機能や運動能力、そして情緒面のなかで、平均的な適応力から外れていることを指摘される、あるいは保護者やお子さん自身が気づき、お困り感や不安を感じ、そこに対してOTやST、療育といった取り組みを開始します。これは苦手な分野を底上げしたり、得意な分野を強化するために当然必要なことです!

それに比べ、コンディショニングケアという視点があまり持たれていないのが現状です。ほとんどのお子さんたちが身体の状態が悪いまま何のケアもされずにスキルトレーニングをしています。当院ではそうした能力アップのための取り組み以前に、土台となる身体の状態を整えるコンディショニングケアを優先する必要があると考えています!

その理由として、私たちの脳は手足や背骨、頭蓋骨の歪みがあるとストレスを感じやすくなります。

こうしたストレスは体力や免疫力の低下を引き起こしたり、感覚の異常や頭痛やアレルギーなどの身体反応、集中力の低下や思考の偏りにまで影響をします。

たとえるなら、自転車に乗る練習をする時に、自転車のフレームが曲がっていたり、ブレーキが効かなかったり、タイヤに空気が入っていない状態では、運転以外にも注意を払うところがあるため、とても効率が悪くなるのと同じで、身体のコンディションをしっかりと整えることで、ロスが少なくなりその先の取り組みが効率的に行いやすくなるのです!

当然、うまく出来ない時もあれば転ぶこともあるでしょう。その時に必要になってくるのが情緒的サポートです!

多くはご両親やご家族の存在が支えになっていますが、そうした場がたくさんあるほど乗り越えられることは増えていきます!時には当院に来ることがお子さんにとっての情緒的サポートの場にもなりますが、お母さんやお父さんの抱える不安に対し、カウンセリングやコーチングを行うことで、お子さんが安心できる親子関係が保てるよう間接的な情緒的サポートも行っております!

 

 

喜びの声



初回カウンセリング相談実施中!お気軽にご相談ください!

 

 

お困り感の要因と整体

発達障害は生まれつき持った脳のシステムや遺伝的要因によるところが大きいとされていますが、お困り感は生後の環境のなかで生じるストレスがとても大きく影響しています。
そのストレスは精神的なものばかりではありません。PM2.5や排気ガス、食品添加物などによる化学的ストレスや、寒さや暑さ・湿度・騒音・スマホの光などの環境的ストレス、そして身体の歪みや筋肉の緊張による構造的ストレスなど、様々なストレスの総和が身体症状や問題行動の要因となっています。とりわけ頭蓋骨や背骨の歪みによるストレスは発達段階のお子さんたちの身体に大きな影響を与えています。

身体が継続的にストレス状態にあると、脳のなかの社会性やコミュニケーションを司る大脳新皮質の発達よりも、「生き残る」という、より本能的な働きを司る脳幹の方にエネルギーを使われてしまいます。生き残りのための「反応的な行動・行為」は原始反射の残存や感覚の未統合の影響が出やすく、周囲の大人には理解のできない「異常行動・問題行動」としてとらえられてしまいます。

当院では整体によって構造的ストレスを除去していき、お子さんたちが使いやすい身体環境に戻していくと同時に、セロトニン活性療法によってα波の中でも脳が集中しやすく、脳内セロトニンが活性化されやすい状態にするための施術を行っています。

 

アシスト発達整体 3つの特徴

1 骨格の歪みを戻す

・脳脊髄液が循環して脳がストレスを感じにくい環境にする
・骨盤と背骨を矯正することで姿勢や基本的な動きの土台を整える
・手足の小さな骨の歪みを矯正することで使いやすい身体を育てる

脳が発達するには脳がストレスを感じない環境を整える必要があります。発達障害のお子さんたちの骨格は歪みが強いことが多く、とくに頭蓋骨や背骨の歪みがあると、脳と脊髄の周りを流れる脳せき髄液の流れが悪くなります。そうなると脳にかかる圧力が適圧ではなくなり、脳がストレスを感じたり、目の使い方や神経の伝達にも影響がでることがあります。

こうしたストレス状態に対しては、社会性や学習に必要な大脳新皮質よりも、より本能的な脳幹ばかりを使うことになります。この状態が繰り返し続くことで学習やコミュニケーションに必要な部分にエネルギーが回らなくなり、発達に影響が出ると考えられます。

また、骨格の歪みは筋肉に余計なテンションがかかった緊張状態をつくるため、力加減のむずかしさや、不安傾向の強化、交感神経優位による副腎疲労が起こりやすくなり、周りの子よりも疲れやすかったり、アレルギー症状が出やすくなったり、免疫力の低下にも繋がりやすくなるのです。

このように様々なお困り感に直結する頭蓋骨や背骨の歪みを戻すことで脳と身体が発達しやすい環境に整えていきます。

2 脳を活性化する

・セロトニン活性療法によって脳がストレスに強いだけでなく集中力や共感力を高めていきます。

脳内ストレスは他人に対する精神的ストレスだけでなく、自分自身の中から起こる精神的ストレスもあります。とくに恐怖感や不安感が強いと極端な引っ込み思案、場面緘黙などに繋がったり、あるいは欲求に対するストレスはイライラやかんしゃく、乱暴行為など、発達のお困り感と直結するところがあります。
当院は一般社団法人セロトニン活性療法協会認定の上級調律師を取得しており、単なる頭蓋骨矯正だけではなく、脳波が活性化されるための施術を施すことで、不安や攻撃性、過度な欲求が抑制的に働ける脳内環境が期待できます。(セロトニン活性療法についてはコチラから)

3 固有受容器を育てる

・関節のアライメントを整えることで感覚統合や効率的な身体の使い方を育てます。

骨格の歪みは神経の通り道をジャマするため、神経の伝達に悪影響を与えています。
また、関節や筋肉には圧や長さ、硬さを感知するセンサーの様な器官があります。これらのセンサーが感知した情報は神経を伝って半規管や目からの情報を小脳で総合的に処理しながら協調運動が行われるのですが、関節の歪みがあるとセンサーが正しく機能しなくなり、固有受容器が育つのが阻害される要因になると考えられます。また、正しい運動軸で身体を使うことが出来なくなり、非効率的な使い方になって手足をはじめ身体全体の不器用さにもつながります。
当院の骨格矯正によって神経の通り道がしっかりと確保でき、感覚統合や効率的な身体の使い方を手にするための環境を整えていきます。

【発達障害とアトピーや喘息】

発達障害のお子さんは身体の状態が良くないケースが多いため、アトピーや喘息、中耳炎や熱発しやすいといった身体症状によるお困り感が重なるケースがあります。こうした症状もお困り感を増大させる要因となります。身体に不調があると疲れが抜けず、運動することが苦手になってきます。また、イライラや不安が強くなるなど情緒面にも影響してきます。

 

他院との違い

・単なる血流改善やリラクゼーション効果ではない
癒しやリラクゼーション目的による副産物としてではなく、セロトニン活性や手足の調整など、お子さまの状態に合わせて今必要なことを行います。

・安心安全
院長の冨田はこれまで整体師、鍼灸師、理学療法士、作業療法士など全国のプロ施術家を相手に技術セミナーを開催してきました。安心安全で効果的な手法として評価されてきた実績があります。

・全ての取り組みに適合
お子さまの発達には様々な取り組みが必要です。そのため、全ての取り組みが相乗効果になるための手法を行っております。「この施術をしたから○○には行かないでね」といったことはありません。

・家庭で出来ることに力を入れている
施術による質はとても大事ですが、体の発達の土台を整えるために必要な刺激は出来るだけ継続的に行われることが望ましいと考えています。そのためご家庭で保護者様が行える手法もお伝えさせて頂きます。

・お母さんへのサポートがある
多くのお母さん達が、様々な情報収集によって整理がつかなくなったり、わが子の行動にイライラや不安を感じたり、時には自分を責めたりして一人で悩まれています。当院ではお母さん自身にセロトニン活性やセラピーによってストレスの軽減をはかり、より健全な状態でお子さまと向き合えるようサポートしています!

 

脳波測定で実証された科学的整体

当院の発達整体ではセロトニン活性療法を取り入れた脳へのアプローチを行っております。セロトニン活性療法とは「一般社団法人 セロトニン活性療法協会」代表の滝本裕之先生が、脳波測定装置を使い、身体のどこにどのような刺激をいれると脳内セロトニンが分泌されやすい脳波帯域になるか、脳波計測データをもとに研究を繰り返してつくられた科学的な整体療法です!

脳内セロトニンの役割は自律神経のコントロール、感情の安定性を保つ、痛みの抑制、筋力の正常化、大脳の意識レベルの覚醒など人の身体にとても重要な仕事をしてくれます。セロトニン神経はストレスによって弱っていくため、日頃からストレスを抱えやすい、発達障害やグレーゾーンのお子さんたちのセロトニン分泌は低下しやすい環境にあると考えられます。セロトニンがしっかりと分泌されるとストレス時に生じるノルアドレナリンやドーパミンといった脳内神経伝達物質の暴走を抑制してくれます。

院長の冨田も実際に被験者として施術を受け、脳波測定によって施術後にセロトニンが活性されていることを確認。 

 

 

また冨田の施術によって被験者のセロトニンが活性されていることも確認できています!

施術の流れ

1.初回カウンセリング相談のご予約
まずは保護者のみでご来院いただきお子さまの状態を伺います。
お電話またはLINE、メールにてご連絡ください。

2.カウンセリング相談の実施
相談内容をもとにお子さまの身体で起きていること、ご家庭で出来ること、当院で出来ることをご説明。取り組みにご納得いただいた上で、施術を希望される場合には施術日をお取りいただきます。

3.後日、お子さまとご一緒にご来院。
実際にお子さまのお身体をチェックし施術をします。

4.施術後にご自宅で行ってもらうセルフケアを指導。
その日に行ったことをご説明し、ご家庭で出来ることをお伝えします!

5.お会計

という流れになります。

施術中はもちろん、ご一緒に見学していただいても構いませんが、お子さまがお一人でも大丈夫なケースでは、少しでもお休みになっていただけるようお母さん専用のベッドスペースがございます。日頃、なかなか気が休まる時間が少ないお母さん達からご好評を頂いておりますので、ぜひご利用ください!

当院ではいきなり施術のご予約はお受けしておりません!
お子さまのご予約の前に、必ず保護者さまに初回カウンセリング相談を受けて頂いております!

発達障害には様々な取り組みが必要です。この初回カウンセリング相談もその一環です。情緒的サポートとなる保護者様の向き合い方がとても重要になります。まずはお子さまの身体で起きていることをご理解頂きたいのです。
そのためにはお子さまのご様子を詳しくヒアリングする必要があります!その際にお母さんの口から不安感や「○○が出来ない」「こんなことで困ってる」といった言葉をお子さまの耳に入れてしまうことは自己重要感を下げてしまう恐れがありますので、保護者様のみでご来院頂いております。(原則対面相談ですが、ご遠方の方はスカイプ等でも可能です。)
また、初回カウンセリング相談では無理にご予約をお取りいただくようなことはありませんので、ご安心ください!多くの保護者さまから「来てよかった」「この相談だけで、だいぶ楽になった」というお声を頂いております。お一人で悩まれずに気軽にご相談ください!

 

院長挨拶

はじめまして。カラダ支援アシスト整体院院長の冨田です。所沢に開業して11年目になります。当初はスポーツ障害専門の整体院として3000人以上のお子さんたちをサポートしてきましたが、5年前より発達障害を専門の整体院として、発達の不安やお困り感を抱える親子のサポートをしております!

発達の凸凹に悩まされているお子さんたちの身体は私が学校や勉強会などで学んだ身体の構造や歪み方とは全く異質な歪み方をしています。彼らは物心ついた時からその歪んだ状態で身体をコントロールしているのです。きっとどう表現して良いかわからない不快感や使いづらさがあるのだと感じます。疲れやすい、集中力がない、体が不器用、そんなお困り感ばかりに目がいってしまいがちですが、その状態にお子さんたちがどれだけ辛い思いをしているかは、まだまだ理解されていないのが現状です。

足の長さが違う、手の感覚がおかしい、目がちゃんと使えていない、筋肉がしっかり収縮しない、そんな状態で学習や身体を使うのはとても難しいことなのです。発達障害のお子さんたちは、そのコントロールの難しい身体で、ゆっくりと自分のペースで育っています。

当院の整体はそんなお子さんたちが持つ、本来の機能を最大限活かせるように、土台となる身体を整えることを目的としています!そしてお子さんだけでなく、そのご家族が幸せになれるためにはまだまだ社会の理解も少なすぎると感じています。私たちは整体を通じて全ての親子が生きやすい世の中になるために出来ることを追究していきます!

 

冨田 公央 プロフィール
・柔道整復師
・一般社団法人セロトニン活性療法協会認定セロトニン上級調律師
・一般社団法人ここからだ 発達支援コーチトレーナー
・日本自律神経研究会アドバンスマスター修了 
・NLPプラクティショナー修了
・ケアマネージャー

整形外科病院に10年、整骨院に4年の勤務経験後にアシスト接骨院を開業。より専門的な症状に特化するために接骨院から整体院へ。20年の臨床で10万人以上の身体をケアしてきた豊富な施術経験。日本パーフェクト整体普及協会の理事としてこれまで全国300人以上のプロ治療家を相手にセミナーや講座を開催。多くの同業治療家が自身の身体の施術を依頼する信頼の技術。朝日カルチャースクールや特別支援学校などからも講演依頼がある。発達支援コーチの講座や毎月発達勉強会を開催!
治療家向けテクニックDVD、著書「健康は尾骨が9割」(朝日新聞出版社)

 

推薦者の声 

知的家事プロデューサー 本間朝子さん

「使命感を強く感じる先生です」

冨田先生とはママ支援という共通点があり、よくお会いするのですが、お話をしていると「発達障害の方とそのご家族を支援する」という使命感を強く感じます。整体の技術はもちろんカウンセラーとしてもとても有能で、私自身も何度も助けて頂きました。ご家庭内のことを人に話すのは不安や抵抗を感じる方もいると思いますが、冨田先生は相手の気持ちに寄り添って根気強く付き合ってくれる、温かくて信頼のできる方です!お子様のことでお悩みの方はお一人で抱え込まずにぜひ冨田先生に相談することをおすすめいたします!

 

本間朝子さん
自分自身が仕事と家事の両立に苦しんだ経験から、家事の効率化役立つメソッド「知的家事」考案し、メディア講演等を通じて提案している。雑誌、ラジオ・TV出演、講演多数。
著書に『家事の手間を9割減らせる部屋づくり』『幸せを呼ぶ家事「時短」の楽しい小ワザ88』『欲しかった “あと1時間” 手に入れる 時短家事メソッド』がある

料金表

初回カウンセリング相談 
60分 12,000 ➡ 3,980円(毎月5名様まで)

 

セロトニン活性療法
30分 8,640円

 

発達整体(セロトニン活性+骨格矯正)
60分 10,800円
※実施術時間は40~50分ほどです。途中、お子さまが動きたくなった時には中断することもあるので60分ほどみておいてください。ご遠方からお越しの場合、1日に午前と午後で2枠お取りすることも可能ですのでご相談ください。

 

原始反射セッション
90分21,600円

 

アクセス

~電車でお越しの場合~

西武新宿線 新所沢駅 東口徒歩30秒!

~お車でお越しの場合~

関越道川越方面からお越しの場合はスマートパスで三好SAで降りることが出来ます。ナビを「新所沢駅東口」に設定していただくと20~30分ほどで到着することが出来ます。

反対に練馬方面からお越しの場合は所沢インターで降りて、ナビを「新所沢駅東口」に設定してください。同じく30分程度です。



からだ支援 アシスト整体院

電話 04-2946-7543

住所 〒359-0044 所沢市松葉町10-15 明光ビル4F