呼吸法について

先日、“呼吸法”のワークショップに参加するために
浅草まで行ってきました。

浅草

もともと武道に精通された方が
講師をされていて
とても面白かったので
シェアさせて頂きますね(^_^)

普段何気なく行っている
呼吸には


呼押・呼射・吸引・吸率
(コオウ・コシャ・キュウイン・キュウソツ)

 

というパターンがあり

 

これは人それぞれ得意パターンを
無意識に行っているとのことです。

 

今日は“呼押”についてお話しますね。

人との挨拶のとき、
初対面なのに


やたらとプレッシャーを感じる

威圧感がある



 

という人にお会いした事ありませんか?


そういう人が無意識に行っている呼吸が
呼押なんです。



呼押が得意な人は

前面に出す圧力が
とても強いんだそうです。

この例だと呼押は
あまり良いイメージがないかもしれませんが

 

アメリカの大統領の演説や
サッカーのワールドカップや
オリンピック選手などが
入場してきた時には

 

 

そういった呼押のパターンで
呼吸している人が多いですよね。


 

 

前にも書きましたが

呼吸とは息をすることですが


息という字は自分の心と書きます。


つまり自分の心の状態が反映されるのです。

自信がたっぷりある人は

呼押でその自信を内から外に向ける

ということを意識的にも無意識的にも行っています。


会場のプレッシャーに押しつぶされないよう
プレッシャーで押し返す必要もありますよね。

 


また、不必要に呼押でいる人は

自分の心が周囲の人に
威圧感やプレッシャーを
感じさせようとして

 

人を寄せ付けない状態なのかもしれません。

 

初対面で人からあまり
良い印象をもらえないという人は
自分の心を意識して
人を受け入れるようにしてみてください!



次回は吸引についてお話したいと思います。

 

 

 

呼吸とコミュニケーションは
とても密接なんですね(^_^)

 

 

 

人とのコミュニケーションがうまくいかないと
ストレスを抱え、自律神経が乱れていきます。

 

 

 

当院では自律神経に関する
無料相談も行っております。
お気軽にご相談ください!



<自律神経失調症・うつ>

なかなか改善しない肩こり・腰痛

頭痛・めまい・顎の痛み・違和感

食欲不振・不眠などは

自律神経失調症かもしれません。

からだ支援 アシスト接骨院の自律神経失調症専門整体

http://ashisuto-sekkotuin.com/jiritsu


<スポーツ障害>

オスグッド・シンスプリント・シーバー

野球肘・テニス肘などスポーツ障害でお困りの方

からだ支援 アシスト接骨院 スポーツ障害専門整体

http://ashisuto-sekkotuin.com/athlete


<メールによる無料相談>

http://ashisuto-sekkotuin.com/contact


 

関連記事

  1. 発達支援コーチ講座

  2. AKB総選挙に腰痛の予感

  3. 症例報告 ギックリ首?②

  4. ロコモ犬

  5. 大胸筋の話

  6. メルマガが届かない softbank

  7. コーディネーションってご存知ですか?

  8. 笑顔で自律神経を整える