前回、温度差による身体の不調について書きましたが

私達は夏場、クーラーによって自ら急激な温度差を作りだしてしまいます。

 

 

冷風が身体に当たると涼しいと感じる以上に身体は冷えています。

冷えが血行不良を起こし様々なところに痛みを出すということは

どこの病院、整骨院、治療院でも言われていると思いますが、

夏場の冷えはそれだけではありません。

 

 

「熱中症対策に水分を」

 

という文句もよく耳にするため、必要以上に冷たい飲み物を摂りすぎてしまいがちです。

もちろん熱中症対策もそうですが、水分や塩分を摂ることはとても大事なことです。

しかし・・・

 

 

 必要以上に水物ばかりを摂取して

身体を冷やし過ぎてはいませんか? 

 

 

これだけ暑いとアイスやかき氷、冷たい飲み物が美味しく感じますよね。

また、食欲もなんとなく落ちてそうめんやざるそばなど

冷たい食べ物の方が楽なのでつい冷やし系の物を食べてしまいます。

食べるもの食べてからアイスならまだしも、昼飯がアイスだけ

なんて方もたまにいらっしゃいます。

これは、1日くらいなら何とかやり過ごせるかもしれませんが

連日こんな食生活では身体はどんどん冷えていきます。

 

 

長くなったので次回につづく

 

 

 

 

腰痛、首肩の痛み

オスグッド・シンスプリント・スポーツ障害によるお悩みは

からだ支援 アシスト接骨院におまかせください!