前回は、 “自分がある人”  はたとえ志望校に合格できなかったとしても

 

心配いらないという話をしました。

 

 しかし、自分が合格できなかったことより、一緒に受けた友達や

 

今まで自分より成績が悪かった(と勝手に思い込んできた)子が

 

合格していたことの方が悔しいと思う人は

 

この先も疲れる人生を送ることになるかもしれません。

 

 

 

なぜなら “自分がない” からです。

 

 

“自分がない人” は基準がずれています。

 

 

受験とは何なのか?

 

誰の為のものなのか?

 

という前提がそもそも間違っています。

 

  

受験と言うのは自分の能力 対 志望校の定めた学力 です。

 

それが自分 対 他の人 になっている人は目標がずれています。

 

 

学校というのは学力以外のものをたくさん学ぶ場でもあるので、

 

単なるライバル視だけで受験するものではない

 

ということを理解しています。

 

 

自分がある人は誰かとの競争心だけで受験はしません。

 

 

自分が行きたいと思った学校を受験します。

 

も、受験が自分 対 他の人になっている人は

 

その学校に行く理由も目標もないのではないかと思われます。

 

本当にその学校入り勉強したかったのではなく、

 

 

 

有名校に入ることで、人より優越感を持ちたいとか

 

見返してやりたいというのが理由だったとしたら、

 

それは誰か(または何か)に対するネガティブな感情を受験で

 

解消しようとしていただけかもしれません。

 

 つづく

 

 

 

 

 

なかなか改善のみられない腰痛や肩こり・

不眠・食欲不振・アゴの痛みや違和感・頭痛

は自律神経失調症かもしれません。

 

からだ支援 アシスト接骨院には

自律神経失調症専門の整体があります。

お気軽にご相談ください!