私たちが子供の頃はケガをした時には

アカチンと呼ばれる消毒薬を使うのが当たり前でした。


学校でケガをして保健室に行ったら

保健室の先生はほぼ確実にアカチンを塗ってました。


アカチンは最強だと思っていましたが

その成分には水銀が含まれており

バイ菌も殺すけど人の身体も壊す恐れがあるということで

今はアカチンは使われていません。

 


また、風邪の予防には手洗いうがいをしましょう

と言われてきましたが、

うがいに関しては最近になって菌やウィルスが侵入してから

20分以内に出来なければ効果がなく、

つまりは、いつ侵入されたかわからない以上、

帰宅する20分前に侵入されたものか、

20分置きにうがいでもしていない限り

ほとんど意味がないと言われるようになってきました。


また私が学生時代は

 

運動する時に水分を摂ってはいけない、

夏場の苦しい時こそ水分を我慢していくことでスタミナがつく

 

という、今考えるとゾッとするような話が当たり前でした。


このように今まで当たり前だったことが

いつの日か突然覆ったりします。


当然逆のことも起こるようになっています。


昔は死の病といわれた結核も

現在はほとんど回復してますし


高齢者に多い大腿骨の骨折でも

以前は手術後傷が良くなるまでは(1~2週間)

リハビリが出来ずに

寝たきりの状態を生み出してしまう

原因の一つになっていましたが

最近では手術後翌日には立たせて

リハビリを開始するようになっています。



つまり、病院から見放されたような痛みやシビレ、変形などでも

今はダメだと言われてるようなものも、

まだまだ、たくさんの可能性があるということです。


だから


あきらめないこと


がとても大事です!


最終的に

 

諦めてしまう、

受け入れてしまう

 

のは私たち自身の責任なのですから。






なかなか改善しない腰痛・肩こり

不眠・頭痛・めまい・耳鳴り

食欲不振・胃腸障害にお悩みの方、

自律神経失調症かもしれません。

からだ支援 アシスト接骨院には

自律神経失調症・うつ専門の整体があります。

お気軽にご相談ください!