花粉症対策①

ここ数回にわたって花粉症についてお伝えしてきました!
今回は具体的な花粉症対策」についてお伝えします!

花粉症の対策としては、まず

・体を酸化させ炎症を誘発する食べ物を控えること。
・シャンプー、ボディソープ、洗濯洗剤や柔軟剤など皮膚に触れる物に化学的な物質を避けること。

こうした体質改善の対策で重要なのは、何かを取り入れることよりも、要因となるものを徹底的に排除する方が簡単で経済的で効果的なのです。

そうしたことをやった上で、さらにオススメするのが

・ニンジンジュース

・ケルセチン・ベルベリン・クルクミンといった抗炎症作用の強い栄養素をサプリで摂る

・カチャマイ茶

・経絡セルフケア

・電磁波対策

 

ニンジンジュース

ジューサーでニンジンを搾ってジュースにします。これをコップ一杯毎日飲む!それだけです。ニンジンが苦手な人はリンゴを混ぜてもOKです。よく野菜ジュースではダメかと聞かれますが、野菜ジュースではダメです。目や喉鼻などの粘膜細胞を保護するビタミンAの元となるベータカロテンが豊富なニンジンが重要なのです。

ビタミンAは脂溶性なので、本来ジュースで摂るよりも油で炒めた方が体内に取り込みやすいのですが、どういうわけかジュースで摂る方が効果的なのです。もしかするとビタミンAはあまり関係がないのかもしれませんが。
ジューサーがない人はミキサーでも構いません。でもジューサーの方が濃度が濃いので即効性が高いです。

通販で購入できる国産のニンジンを使った100%ジュースでも効果があったという報告もあるので、面倒な方はそういったものをネットで取り寄せてみても良いかと思います。

 

 

ケルセチン・ベルベリン・クルクミンといった抗炎症作用の強い栄養素をサプリで摂る

ケルセチン・ベルベリン・クルクミンは抗炎症作用が高い栄養素です。特にケルセチンは炎症が起きているところに届いて作用するので非常に優秀なフラボノイドです。

サプリの購入はiHerbというサイトからそれぞれ購入できます。

 

カチャマイ茶

聞きなれないお茶ですが、アルゼンチンの薬剤師ドン・グレゴリオ氏によって考案されたハーブのブレンドティーです。これも花粉症には効果的で、出がらしのティーバッグを目に当てると目のかゆみなどもスッキリとれます。妊婦さんも安心して飲めるお茶で我が家も妻が妊娠中はお世話になっていました。

 

「電磁波」と「経絡」については長くなってしまうので、次回にお伝えさせていただきます。

関連記事

  1. 保護中: ツナグメルマガ2回目 原始反射とストレスについて

  2. 寝ても寝ても寝足りないということはありませんか?

  3. そのノドの苦しさは自律神経からくるものかもしれません。

  4. ストレスの多い受験も

  5. 家事に追われて睡眠時間を削ってしまい・・・

  6. レジ袋と自律神経の関係とは?

  7. 発達に関わるカラダの話”手の使い方編”

  8. 妊婦さんにおすすめの食材とは ~前編~



からだ支援 アシスト整体院

電話 04-2946-7543

住所 〒359-0044 所沢市松葉町10-15 明光ビル4F