発達支援

対象:身体のお悩みを抱えるお子さんとそのお母さん

「発達障害」という診断がついていなくても

かんしゃく・てんかん・視力が弱い

集中力がない・言葉に遅れがある・チック

タグを嫌がる・背中が過敏

体幹が弱い・手が不器用

中耳炎になりやすい

などは整体で改善できるものがあります。

 

無料相談を承っております。

お気軽にご相談ください!

無料相談フォームはコチラ

 

 

 

からだ支援 アシストの発達障害に対するアプローチ

当院の発達セッションは3つのことを行っています。

1.筋骨格調整による脳脊髄液循環の改善

2.原始反射セッションによる反射の統合

3.カウンセリングによるお母さんのストレス改善

 


 

1.筋骨格調整

・脳脊髄液の循環を改善し脳が発達しやすい環境を整えます。

※バキボキする施術は一切ございません。心地良い刺激で

お子様にも安心して受けて頂けます。

じっとしていられない・上向き寝ていられないといった場合には往診での施術も承っています。

 

2.原始反射セッション

・身体を使い遊びや動きの中で原始反射の統合を促すセッションを行います。

 

 

3.カウンセリング

・お子さんを支援するお母さんのストレスを改善します。

 

発達の仕方は人それぞれで、

段階を踏んでお子さん一人一人が自分のペースで発達していくので

そこに差があるのは当然のことです。

 

その中で発達の凸凹があると「発達障害」という言葉で

分けてしまうことに疑問があり、私はこの言葉はあまり好きではありません。

 

しかしながら、そういった凸凹があることで、

人とのコミュニケーションや学習の面で不安や焦りが生じているのも事実です。

そういった発達の不安を軽減するためにお母さんに対する

カウンセリングやワークのセッションも行っています。

 

お申込みご相談はコチラのフォームから

お気軽にお申込みください!

http://ashisuto-sekkotuin.com/contact ‎