のび太とジャイアンの共通点。

ADHD(注意欠如・多動性障害)の特徴にはいくつかの傾向があります。今回はADHDの傾向についてお話してみたいと思います。

・不注意・・・  一定時間1つのことに集中するのが苦手。持ち物や時間の管理が苦手で落し物、忘れ物、遅刻、約束を忘れることが多い。

・多動・・・  短時間でもじっとしているのが苦手。貧乏ゆすりや意思とは無関係に身体が動いてしまったり、相手の話を聞かず、一方的に話し続けてしまう。身体の多動と口の多動がみられる。

・衝動性・・・  欲求に対して我慢することが難しく、思考が働く前に、衝動的に動いてしまう。感情表現も抑えることはせず、ストレートに表す。

一口にADHDと言っても、このようにいくつかの傾向があり、不注意が強く出るタイプ、多動や衝動が強く出るタイプ、両方が同じくらいの割合で出るタイプに分かれます。

このタイプをうまいことキャラクターで例えた方がいました。それがなにかと言いますと・・・「ドラえもん」なんです。

不注意優位型の代表が「のび太」で、多動・衝動優位型の代表が「ジャイアン」という風にイメージいていただくと非常にわかりやすいのではないかと思います。

この2人は一見、正反対のように見えますが、ADHD傾向で言うと、共通点が沢山あるのです。意外でしたが、こうやってみるとなかなか的を得ているな・・と思いました。

関連記事

  1. 発達障害の感覚のアンバランス 嗅覚編

  2. セロトニンの減少がASD発症に関与している?

  3. 世界でひとつだけの花。なのですの続き

  4. 発達障害の感覚のアンバランス 聴覚編

  5. 朝日カルチャーセンター 千葉 「発達講座」

  6. 発達障害の感覚のアンバランス 触覚編

  7. アトピー・ぜんそく・便秘など発達障害のお子さんによく見られる身体症状も…

  8. 脳脊髄液の循環について