日々、スポーツ障害の治療に携わっていると

ふと思うことがあります。

 

それは、足の裏が真っ平らなお子さんがとても多い。

足の裏のアーチがないということは

足の裏の筋力が弱いということです。

筋力が弱いということは、荷重時の力の分散が

うまく行われないため、その余分な外力は足から

身体のあらゆるところに波及していきます。

 

当然、スポーツ障害のリスクも高くなってしまいますよね。

一つは環境的な要素があります。

現在はほとんどがアスファルトなど足元が硬い素材で

整備されているため、足の指が踏ん張る必要がないため

足の裏の筋肉が自然と低下していきます。

 

もう一つはシューズが合っていないケースです。

1日の大半、足を預ける学校の上履きは形も素材もインソールも

残念ながらあまり足のことを考えて作られているとは思えません。

幼稚園から義務教育と身体を作り上げる大事な期間に

ああいった上履きを履かされてしまうのはどうかとおもいますね。

上履きが偏平足のお子さんを増やしているような気がします。

 

それはさておき、

皆さん、シューズを選ぶ時、

足のサイズを縦の長さばかりを重視して購入していませんか?

実は横幅もとても大事なんです。

つま先が寄ってしまうようなシューズで

足が窮屈な思いをしていないでしょうか?

足の裏のアーチが機能しない状態はスポーツ障害のリスクが

かなり高くなってしまいます。

ブランドは二の次でまずはしっかり自分の足に合った

シューズを選ぶようにしましょう!

 

 

 

オスグッド、・シンスプリント・スポーツ障害でお悩みの方は

からだ支援 アシスト接骨院におまかせください!