わが子を新型うつにしない子育て

 

前回のAERAの記事の内容は

こういった事態が起こっているということを広めるための内容で

私個人としては特別引き込まれるような興味深い内容は書かれてなかったのですが

記事の中に

子供を新型うつにしない子育て方法

というのがいくつか挙がっていたのでせっかくですから

載せておこうと思います。

 

 

 1 子供の試行錯誤を待つ

 2 子供が出来ていることや良い行動についてはOKを伝える

 3 結果だけでなくプロセスも注目する 

 4 ダメなことは一貫してダメと伝える

 5 会社の人間関係や、ママ友など身近な人についての

   批判を子供に聞かせない

 6 周りの人をよく認めたり、褒めたりする

 7 子供がダメなことをした時は行動のみを叱る

 8 子供が失敗したときは必要以上にかばわない

 9 「これができなければおしまいだ」的に脅すことはしない

10 「こうあらねばならない」よりも「こうありたい」を大事にする

11 「〇〇じゃなきゃダメ」よりも「〇〇できるといいね」という話し方をする

12 子供が傷ついた時に一緒に落ち込むのではなく落ち着いてケアをする

 

さらに他の医師の意見として

 

・生活リズムを整えること

・過度の干渉をしない

・10歳までにありのままの感情をださせる

 

と書いてありました。

いかがでしょうか?

 

まあ、全てが正しいかどうかはわかりません。

お子さんの性格や、その時その時の状況によって

正しい対応というのは違ってくるかもしれませんけどね。

 

個人的にはお子さんに考えさせてあげる事と

挫折とか失敗という経験をさせてあげることが大事なんじゃないかと思います。

あとは生活のリズムを正しくすることも大事ですね。

 

 

 

 

 

頭痛・倦怠感・食欲不振・不眠・長く続いている肩こり・腰痛は

もしかしたら自律神経失調症かもしれません。

からだ支援 アシスト接骨院には自律神経の整体があります。

お気軽にご相談ください!

関連記事

  1. 台風と自律神経

  2. 湿邪ってご存知?

  3. 浅い呼吸は病気を招く④

  4. からだ支援という思い

  5. 症例報告 頭痛

  6. 浅い呼吸は病気を招く⑧

  7. やはり自律神経整体の理論は正しかった

  8. 副腎ホルモンはストレスに深く関係する