10月7日 月曜日を臨時休診にさせていただき

6日、7日と二日間かけて

からだ支援 アシスト接骨院の

今後の目標を明確にするために外部の方にお願いをして

徹底的に課題のあぶり出しをしました。



院としてただ○○するからそれに従って!


というのではなく、私とスタッフ鈴木との間で


私たちに出来ることは何だろう?

やりたい事は何だろう?


ということから始まり、何がそれを邪魔しているのか?

を見つけその解決策や具体的に必要な行動は何かということまで

二日間、ホテルの会議室を借りて深夜まで徹底的にあぶりだし

脳みそが筋肉痛になるまで話し合いました(^_^;)



今まではどうしても私のやりたい事が院の目標になってしまってましたが

今回は外部の人に入っていただくことによって

私個人の目標とは別に院としての目標ができました。

 


TDC


アシスト接骨院はオスグッドやシンスプリントをはじめとする

スポーツ障害に特化した治療技術を持っています。

 

これまでにご来院いただいたスポーツ障害の患者さんの

競技復帰率はとても高いのですが

 

まだまだ、アシスト接骨院の認知度の低さから

スポーツ障害に苦しみながらも治す気のない医療機関に

治ることを信じて一生懸命通院されているお子さんがたくさんいます。

 

中には才能にあふれているのにもかかわらず

スポーツ障害が原因で競技を断念されるお子さんもいます。


そのような悲劇に苦しむお子さんが

一人でもいなくなるようスポーツ障害を減らしていく!

ということを目標に立てました。


そのため、具体的な活動としては


・治療技術のさらなる向上のため研修時間を現在よりさらに週で4時間増やす

・スポーツ障害に悩む方に向けたメルマガの発行

・年内に地域のスポーツチームを24団体まわり

 その場で痛みを取る治療のデモをおこないたいと思っています。


数年後にはスポーツ障害に悩むお子さんがこの地域からいなくなることで

青少年の健全な育成に役立てればと思います。



私たちのこれからの活動に応援宜しくお願い致します!




オスグッド・シンスプリント・シーバー

野球肘・テニス肘などスポーツ障害にお困りの方、

からだ支援 アシスト接骨院ではスポーツ障害に特化した

独自の治療法があります。

お気軽にご相談ください!