足首を派手にひねってこんなに腫れてかなり痛かったけど

医者にもいかずに放置していたらそのうち治ったよ

 

という方もいれば

 

特に何したわけでもないのに足首が痛くなって

いつまで経っても良くならないの

 

という方もいる。

 

 

さて前回、健康保険の治療は原因のある外傷のみ

というお話をしました。

 

それはわかったけど保険外と具体的に何が違うのさ?

ってなりますよね。

 

原因のある外傷とは

組織損傷が痛みの原因になっているということです。

組織損傷というのは主に

切れた・壊れた・折れた・曲がった・傷ついた

という状態です。

 

 

腰が痛い とします。

この痛みの原因が動作や外力の結果に起きた

腰の組織損傷が原因であったなら

健康保険が使えます。

 

でもその場合、痛みと損傷部位はほぼ一致します。

 

たとえばアキレス腱が切れたとします。

これはアキレス腱という組織の損傷です。

当然痛いのは切れているところです。

そして手術だろうと保存療法だろうと

アキレス腱の切れた組織が修復されれば

この問題は解決するんです。

固定による関節拘縮の回復リハビリが必要であったとしても

大原則はアキレス腱だけ治すことを考えればいいんです。

 

 

だから、もし腰痛が腰の筋肉なり靭帯なりの

組織損傷が原因であったとするなら

同様に腰だけ治療すればいいんです。

 

また人の身体には治癒能力というものが

そなわっていますので健康な人であれば

通常、組織に損傷が起きた場合

損傷直後から身体は修復に向かった作業を開始します。

なので炎症期は損傷部が開かないよう固定をし

修復期になったら、損傷組織に栄養を運び

回復を早めていく。

 

要は損傷と二次的な問題を最小限に抑え

出来る限り短期間解決させる。

 

これが保険治療です

 

 

足首を派手にひねってこんなに腫れてかなり痛かったけど

医者にもいかずに放置していたらそのうち治ったよ

 

という人たちが対象なのです。

 

つまり

痛い所に電気だけかけようが

何百万もする最新超音波を使おうが

中古のマイクロかけようが

酸素カプセル入ろうが

ナデナデしただけのマッサージしようが

ぶっちゃけ湿布貼ってるだけでも

治癒力が働いているので、

期間やその後の運動性は違えど

それなりに回復はしていきます。

 

 

 

 

 

でもほとんどの腰痛の方はそれじゃ回復しないんです。

 

なぜか?

 

それが

 

特に何したわけでもないのに足首が痛くなって

いつまで経っても良くならないの

 

という人たちになります。

 

 

次回に続きます。

 

 

 

 

 

 

オスグッド・シンスプリント・腰痛

自律神経失調症・うつなどでお悩みの方

からだ支援 アシスト接骨院にご相談ください!