では、実際に自律心体療法では何をするか?

ますは頭蓋骨の歪みを戻し

脳脊髄液の循環を良くします。

頭蓋骨はガイコツなどでイメージされると

頭の骨が一つあって、そこにアゴの骨がくっついている

って感じがしますが

実は頭蓋骨は23個の骨が

縫合結合という状態で組み合わさっています。

そしてあまり知られていませんが

この組み合わさった骨がそれぞれ

少しづつ可動性をもっており

開いたり閉じたりしています。

 

この頭蓋骨の動きによって

脳脊髄液は循環しています。

これは胎児の頃からおこなわれているため

一次呼吸システムと呼ばれています。

 

このように頭蓋骨は動いています。

動く場所は均等な重力がかからなければ

当然歪みが発生します。

この歪みが脳脊髄液の流れを悪くしたり

快適な内圧状態を崩し

脳に直接的なストレスを与えているのです。

 

この頭蓋骨の歪みを戻し

脳脊髄液の循環が良くなると

色々な症状の回復力が上がってきます。

人によっては施療後すぐに

手足がポカポカ温かくなってきた

と言われる方もいます。

 

いくら温めても手足が冷たいという人は

脳脊髄液の循環が悪いのかもしれません。

 

 

  

 

 

 

 

 

 

なかなか改善のみられない腰痛や肩こり・

不眠・食欲不振・アゴの痛みや違和感・頭痛

は自律神経失調症かもしれません。

 

からだ支援 アシスト接骨院には

自律神経失調症専門の整体があります。

お気軽にご相談ください!