自分でストレス作っちゃってません?

前回は

 

富士山=自然遺産じゃないの?

 

というところから

 

ストレスに繋がる思い込みもあるんだよ

 

という話をしました。

 

 

人は思い込みや決めつけというクセを誰もが持っています。

これはある意味生きグセでもあります。

 

 

 

例えば 

 

職場の上司はいつも厳しいからきっと自分のことが嫌いなんだ

 

とか

 

趣味が違うからあの人とは気が合わない

 

とか 

 

あの人は笑顔を見たことがないからきっと気難しい人だ

 

とか

 

メールの返事が来ないからきっともう嫌われてるんだ

 

 

など

 

似たようなこと思い当たりませんか?

 

 

全ては予測の域を超えていない

何にも確証はないのに決めつけてしまう。

 

 

 

職場の上司は私だけに厳しいのでしょうか?

もしかしたらみんな同じように厳しくされているのかもしれませんよね?

 

そもそも厳しいというのは基準があいまいです。

 

厳しいと感じているのは私だけかもしれませんし

期待されているからこそ厳しく指導してくれているのかもしれない

 

数ヶ月後の大きなプロジェクトを任せるためには短期間で

ある程度の事を出来るようにしなければならない

としたら、当然指導にも熱が入るし厳しさを要求されることもあります。

でも、それを

 

厳しい=嫌われている

 

と受け取ってしまい、その環境から逃げて(転職して)しまったら

大きなチャンスを失う事になるかもしれません。

 

 

もっとも、

大きなプロジェクト=大きなチャンス

というのも思い込みかもしれませんが(笑)

 

 

 

 

 

また、趣味が合わない=気が合わない

 

とは限りませんよね?

ご夫婦でそれぞれ違った趣味で

別々の時間を過ごしていても

とても仲の良いご夫婦はいらっしゃいます。

 

趣味が合わなくても話してみたらとっても気が合う人だったら

友人が一人増えるかもしれない

 

 

 

 

笑顔=いい人とも限りません。

もちろん笑顔の方が話しやすいかもしれませんが、

そんな心理をついて詐欺師などは

笑顔で近寄ってきて人を騙します。

 

 

イメージだけで決めつけてしまいがちですが

笑顔を見せないのは照れ屋さんなのかもしれない。

 

笑顔は見せないけど話してみたらとっても気さくで

良い人だったら余計なストレスを抱えなくて済むかもしれない

 

もしその人が実はとても親切で頼りになる人だったら

その人から得られるたくさんのチャンスを失うかもしれない

 

 

メールの返事が来ないのは気づいてないだけかもしれない

忙しくて返せないのかもしれない

明日返事が来るのかもしれない

 

それだけで嫌われていると思い込んでしまうことで

相手に素直な態度がとれなくなるかもしれない

 

出来事に対して決めつけずに

いろんな可能性を考えると

思い込みの枠を広げることが出来ます。 

 

 

これはほんの一例ですが

他にも思い込みで損をしてることって意外と多いんです。

 

当然、“ 損をする” の中には不必要なストレスを作ることも入ります。

思い込みでストレスを生み、悩み

結果的に身体に負担をかけてしまう事が意外と多いんです。

 

生きてきた環境の中で作られた価値観ですから

簡単には変えられないと思いますが

これもトレーニングすることで

少しづつ変わることができます。

 

 

あなたも思い込みの枠に幅をつけて

ストレスを減らしてみませんか!

 

 

 

からだ支援 アシスト接骨院には

自律神経失調症・うつ専門の整体があります。

 

なかなか改善しない肩こり・腰痛

 

 

めまい・耳鳴り・アゴの違和感

頭痛・不眠・食欲不振などでお悩みの方は

お気軽にご相談ください!

関連記事

  1. 寝てても目が覚めて急に不安に襲われ・・・

  2. やはり自律神経整体の理論は正しかった

  3. 起きているつもりでも・・・

  4. 「ストレスと副腎の機能について」というセミナーに行ってきました!

  5. 自分の基準を持つ~自律神経失調症専門整体ブログ~

  6. からだ支援という思い

  7. カリウムで骨粗しょう症対策

  8. ストレスホルモンが出過ぎると・・