人って愛すべき存在

前回、富士山が自然遺産ではないという理由に

ゴミの問題を、とても有名な話としてあげましたが

今回は本当はそれだけではなかったという話


実は自然遺産に登録されると

人の手を入れることに制限が入ります。

“自然” 遺産ですから

その景観が人の手によって変わるようなことは

してはいけないんですね。


自然遺産で登録された範囲内は

ホテルやリゾート施設、ゴルフ場などはもちろん

道路だって制限が入るらしいです。


そうなると困るのが地元の観光業者や土地開発業者の人たち。


そしてもっと困ったのが

そんな観光業者と、

富士山の自然を守りたいという環境保護団体の間で

板挟みになってしまう文化庁(笑)


結果的にある程度商業施設も作れる

文化遺産として登録を申請したというのが

本当の理由という説があります。

(認定するのはユネスコですが、申請するのは日本の文化庁です)

 

 

面白いですよね!


ずっとゴミ問題のせいでと思っていたら

実は違う所にも大きな問題があった



ゴミの問題と聞くと

 

人は環境を破壊し汚染する罪深い存在だな

 

と、富士山にゴミを投げるどころか登った事すらない私でさえ、

なんとなく人間という存在(自分)を責めたりしてしまいますが

本当は利害関係でもめる人たちがいるからと聞くと

 

なんというか・・

 

 

人間て愛すべき存在なんだなって笑えてきます

 

 

そもそも世界遺産申請の理由ってそんなもんなんだ(^_^;)

って感じですよね(笑)


 

 

でも、こーゆー○○だけが問題と思っていたら

じつは△△にも問題があったということ

身体にも起きてます。


それについてはまた次回に続きます


つづく



なかなか改善しない肩こり・腰痛

頭痛・めまい・動悸・息切れ・胸焼け

食欲不振・睡眠障害・アゴの違和感は

自律神経失調症かもしれません。


からだ支援 アシスト接骨院には

自律神経失調症・うつ専門の整体があります。

お気軽にご相談ください!

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 湿邪対策④ 運動する

  2. 浅い呼吸は病気を招く⑧

  3. コンプレックスにはエピソードがある

  4. 礼から学ぶストレス回避術

  5. 要介護予防のための準備の準備

  6. 寝具が不眠要素になることもある

  7. 主婦業とストレス

  8. 世界遺産の富士山とストレス