ゲーム脳と自律神経整体

前回、頭に汗をかく人は“上気”という

状態であるという話をしました。

 

ブログを読んでくださっている方から

「知り合いのお子さんがゲームをしていると頭に汗をかいている

というお話をされていました。

このケースは“上気”とはまた少し違うように思えます。

 

 

前回は常に考える、考え過ぎることによって

“上気”という状態、

常に脳にエネルギーが集中してしまうため

放熱が必要になって汗をかくということでした。

 

ゲームをしているお子さんの脳はどうでしょうか?

 

ゲーム脳という言葉を聞いたことがありますか?

 

日本大学教授で医学博士で

私の学生時代、生理学の先生だった

森昭雄先生が発表した造語ですが、

ゲームばかりしていると(毎日2時間以上)

α波よりβ波の数値が低くなり

あまり考えないようになってしまい

認知症の人の脳派に近くなると言われています。

 

また、以下のような徴候がみられやすいそうです。

 

・ゲームでは視覚と運動の神経回路だけが働き、「考える」ことが抜け落ちる。

・ゲームを長く続けると、前頭前野の活動低下が慢性化する。

・テレビなどの視覚刺激になれた人(ビジュアル脳)はゲーム脳に移行しやすい

 

 

ゲーム脳については測定法や、

α波>β波=認知症という考え方自体がおかしい

また、ゲーム内容によっては考えるものもある

など色々反論も出たりしています。

 

ここでα波やβ波といった言葉が出てきたので

この辺も含めて次回に続きます。

 

 

 

 

  

なかなか改善のみられない腰痛や肩こり・

不眠・食欲不振・アゴの痛みや違和感・頭痛

は自律神経失調症かもしれません。

 

からだ支援 アシスト接骨院には

自律神経失調症専門の整体があります。

お気軽にご相談ください!

関連記事

  1. 自分でストレス作っちゃってません?

  2. 夢にも自律神経は反応している

  3. 台風と自律神経

  4. 海外赴任から帰国後にうつ病と診断された患者さん 

  5. ゲーム脳と自律神経

  6. 不眠や認知症をもたらすコルチゾール

  7. 脳脊髄液の循環について

  8. メラトニンのすごい力



からだ支援 アシスト整体院

電話 04-2942-0144

住所 〒359-0044 所沢市松葉町10-15 明光ビル4F