女性は心配性なのです。

女性より男性の方が体内でセロトニンを合成できる能力が高いのだそうです。もちろん、人それぞれ性格や思考というものがありますから、全てに当てはまらないのは当然ですが、これにより一般的には男性より女性の方が「心配性」であるケースが多いとの事。

セロトニンを自身で作り出しやすい男性は例えば、やらなければならない事をギリギリまで先延ばしにしたり、あとで考えよう・・・なんて思考になりやすいそうですが、女性は心配になり、今やるべきことは今、やってしまわないと後で困りそう・・・という思考になりやすいのだとか。

由来としては「子供」を守り、育てないといけない女性は子供にまつわる、あらゆるリスクを回避するためにこのような思考になりやすいのではないか?と考えられるそうです。

セロトニン合成能力は実に52%も男性の方が高く、うつ病の発症率は男性に比べ、女性は約2倍なのだそうです。

男性は女性に心配を掛けないように気をつけましょうね(笑)

 

関連記事

  1. 副腎皮質ホルモン(電解質コルチコイド)の働き

  2. 「まくら」のお話の続き

  3. 頭に汗をかく人の悩みと自律神経失調症専門整体

  4. 要介護予防のための準備の準備

  5. 治療家は身体がボロボロ

  6. 気温の変化と体の不調~からだ支援だより~

  7. セロトニンにはリズム運動が効果的!

  8. 1週間前から耳鳴りが気になりだして・・・