テニスプレーヤーの肘の痛みの治療

先日、テニスで肘を痛めたという

小学生の肘の治療例の報告です。


ラケットを振ると右肘の外側が痛くなる。

フォームをチェックすると

かなり変わった打ち方をしている様子。


スポーツ選手の場合

そのフォームで結果を出していることがあり

簡単にはフォームを直せないというのも現状です。



こういう時は肘は痛みの原因ではなく

身体全体の使い方の結果として出ているだけですので

体幹や下肢もしっかりチェックしなければなりません。


また、肩甲骨と肋骨の位置は

かなりチェックが必要になります。



今回は痛みが出てすぐのご来院だったので

とりあえず痛みは消失しましたが

変わったフォームでプレーをする以上

身体のバランスを整えるための

筋トレやストレッチをしっかり指導させていただきました。





オスグッド・シンスプリント・シーバー

野球肘・テニス肘・スポーツによる各関節痛

にお悩みの方は

からだ支援アシスト接骨院の

スポーツ障害専門整体をお試しください!



関連記事

  1. スポーツ障害を乗り越える ~治療に専念する~ 後篇

  2. 足元注意!

  3. 足の裏って大事!

  4. スポーツ障害治療と偏平足

  5. 運動会を前に肉離れや挫傷が増えています!

  6. 宮越兄弟勝利!!

  7. 脊椎分離症について②

  8. 症例報告 大人のシンスプリント



からだ支援 アシスト整体院

電話 04-2946-7543

住所 〒359-0044 所沢市松葉町10-15 明光ビル4F