台風にお気をつけください。

先日の大規模な台風が通り過ぎたと思ったら、また新たな台風が近づいているようですね。台風も気候はもちろん、気温や気圧が乱れますので、体への影響が小さくありません。以前にお話しましたが気候の急激な変化は体にとってはストレスになります。台風の場合、過ぎ去った後に、「台風一過」といって大気中の汚れが激しい雨に洗い流され、すっきり晴れ渡ることが多いのですが、実はこの気候の大幅な変化に、体を一定の状態に保つための調整力が追いつかないことが不調の原因になるのです。体の中では自律神経がこれらのストレスによりダメージを受けるため、けん怠感、疲労感、睡眠障害、頭痛、免疫力も低下しがちですから、風邪なども引きやすい状態です。

台風が来て、去って、また台風が来る・・・となると、調整力にかなり体力を奪われるはずです。滞在時だけではなく去ったあとにダメージが残りやすいので、少し注意が必要ですね。

 

 

関連記事

  1. 治療家は身体がボロボロ

  2. 不眠症に良い食事とは?の続き

  3. その症状は本当に更年期障害?

  4. 肩こり・腰痛の人と寝具

  5. 不眠や認知症をもたらすコルチゾール

  6. 寝具が不眠要素になることもある

  7. 副腎ホルモンはストレスに深く関係する

  8. ゲーム脳と自律神経整体