そのノドの苦しさは自律神経からくるものかもしれません。

少し前の話になりますが、先日、貴乃花親方がテレビで特集されていましたね。表だっては沈黙をつらぬいていた親方が相撲界の現状をテレビで語る・・・という内容でしたが、私はこの角界についての独占告白とやらよりも気になった点がありました。それは「親方がマフラーを常に着用している理由について」です。

マフラーを着用する訳は、親方いわく「自律神経がいかれていて、喉が苦しい感じがする」からだそうです。おそらく喉の苦しさをマフラーでカバーしているのだと思います。これについてはもしかしたら現役時代からのケガなどの影響もあるのかもしれませんが、やはり自律神経由来の喉の苦しさもあると思います。

まあ誰もが知る、有名人ですから、我々一般人には計り知れないストレスがあるのでしょう。加えて今は色々抱えてらっしゃるようで、余計に症状が表面化しやすいでしょうね。

でもこういった有名人に限らず、医療機関で検査しても特に異常がみつからない喉の違和感や苦しさで悩んでいる方って多いんです。その多くが自律神経の乱れからくる症状だと思います。日頃から言いたいことを言えずに、飲み込んでしまっている方は喉に症状が出やすい・・・のだとか。

思い当たるフシがある方も少なくないのではないでしょうか?溜まった感情を吐き出す・・・という事が大事なので、面と向かって言えなくても、どこかで放出する必要があると思います。そういった意味でも運動などで身体を動かす事は大事なんですよ。

関連記事

  1. ズレからくる育児ストレス

  2. 寝てても目が覚めて急に不安に襲われ・・・

  3. 1週間前から耳鳴りが気になりだして・・・

  4. 自律神経失調症と夢をよく見る人

  5. 台風にお気をつけください。

  6. ママのための自律神経的コミュニケーション教室

  7. ストレスと三段階の反応

  8. 湿邪対策③ 土の上の食物を摂る