梅雨とストレスの話。2

 

 

 

前回からの続きです。

 

 

 

前回、ストレスは本人が

 

感じているものだけ

 

ではありませんよ

 

というお話をしました。

 

 

 

ストレスは身体が「拾って」しまう

 

ものなので思わぬ所で

 

ストレスを抱えてしまう事

 

が多々あります。

 

 

 

 

その一つに

 

化学的な物質が

 

体内に入ってきた時

 

というのがあります。

 

 

 

例を挙げると、カフェインや

 

自動車の排気ガス、シンナー

 

ホルムアルデヒドなどです。

 

 

 

まあ本来、自然界に存在して

 

ないようなものはやはり

 

身体には良くないのでしょうね。

 

 

 

 

 

対人関係や職場内などの社会的なもの

 

身体の痛みや歪みからくるもの

 

「化学的」な物質が体内に入り込んだ時のもの

 

気温や湿度などからくるもの

 

 

 

身体の立場からすれば

 

上に挙げたものは全て

 

単に「ストレス」であって

 

区別がつきません。

 

 

 

そして、それらをしまっておく

 

「ストレス」の容器が

 

体内にあるとして

 

その容器から

 

あふれ出すくらいに

 

ストレスをうけた時に

 

体調に変化が起こります。

 

 

 

 

自律神経は非常にストレスの

 

影響を受けやすいのです。

 

 

 

 

身体が拾ってしまう

 

可能性がある全ての種類

 

のストレスの中から

 

減らせるものは減らしていく

 

必要があるのです。

 

 

日頃、ストレスを感じて

 

いるような方はちょっと

 

考えてみて下さい。

 

 

 

 

アシスト接骨院   鈴木

 

 

 

 

<スポーツ障害>

 

オスグッド・シンスプリント・シーバー

 

野球肘・テニス肘などスポーツ障害でお困りの方

 

からだ支援 アシスト接骨院 スポーツ障害専門整体

 

http://ashisuto-sekkotuin.com/athlete

 

<アシストベーシック整体>

 

首から肩にかけての嫌な重だるさ

 

肩甲骨まわりの何ともいえない不快感

 

寝返りや起床時のつらい腰の痛み

 

などを改善していきます。

 

お気軽にご相談下さい!

 

 

 

関連記事

  1. 発達支援コーチ講座

  2. 医療崩壊が起こる?     ~からだ支援だより~

  3. 連休明けで疲れていませんか? ~からだ支援だより~

  4. AKB総選挙に腰痛の予感

  5. 核心をつくと

  6. 最近の子は骨が弱い?

  7. 久しぶりにジムに行ってきました

  8. 久しぶりにマッサージへ