浅い呼吸は病気を招く⑥

 

 

 

はい、シリーズ6回目になります。

 

 

今回は浅い呼吸は・・・

 

 

 

 

 

◆肥満になりやすい

 

 

 

 

 

についてお話していきたいと思います。

 

 

 

まあ、冷え性、便秘・・・

 

ときたら「肥満」というのは

 

普通に考えても、なんとなく

 

結びつきますよね。

 

 

 

ただ、浅い呼吸と、どのように

 

結びつくのかってところだと

 

思うのですがそこらへんを

 

解明したいと思います。

 

 

 

 

浅い呼吸で血液やリンパ液などの

 

体液循環が悪くなる事で

 

むくみやすくなります。

 

 

それだけでも太って

 

見えてしまう部分があると

 

思いますが、循環不良とともに

 

代謝も悪くなりますから

 

カロリーを消費しづらく

 

脂肪を溜め込みやすくなります。

 

当然、痩せづらい状態でも

 

ありますから肥満に

 

繋がってしまいますね。

 

 

 

肥満の一番の問題は

 

放置すれば、いわゆる

 

「成人病」に直結してくる

 

ところでしょう。

 

 

例えば高血圧、脂質異常、糖尿病などですが

 

 

 

上に挙げたものは

 

さらにその先にもっと重篤な

 

症状になりえる危険性が高く

 

 

心筋梗塞や脳梗塞のリスク

 

も抱えてしまいます。

 

 

 

 

肥満対策はなんといっても

 

食事制限と運動習慣だと思いますが

 

深呼吸をエクササイズ化し

 

ダイエット法にまで

 

昇華させている方もいますから

 

まずは呼吸の改善から

 

始めてみるのも手だと思います。

 

 

 

アシスト接骨院   鈴木

 

 

 

 

<スポーツ障害>

 

オスグッド・シンスプリント・シーバー

 

野球肘・テニス肘などスポーツ障害でお困りの方

 

からだ支援 アシスト接骨院 スポーツ障害専門整体

 

http://ashisuto-sekkotuin.com/athlete

 

<アシストベーシック整体>

 

首から肩にかけての嫌な重だるさ

 

肩甲骨まわりの何ともいえない不快感

 

寝返りや起床時のつらい腰の痛み

 

などを改善していきます。

 

お気軽にご相談下さい!

 

 

 

 

関連記事

  1. ストレスと三段階の反応

  2. 心臓の症状は・・・

  3. コンプレックスにはエピソードがある

  4. 浅い呼吸は病気を招く⑧

  5. 時差ボケとストレスからうつになった患者さんの症例

  6. 心臓や胸の症状は・・・

  7. 笑顔で自律神経を整える

  8. 睡眠時無呼吸症候群である事に気づかず・・・の続き