脊椎分離症は骨が弱くなる

 

年配の方に多いのですが

 

それ以外に成長期のお子さんにも

 

多くみられる症状です。

 

 

 

 

 

成長期の分離症はスポーツを

 

継続的にやっている方の

 

30~40%でみられ

 

さらに一度のケガというより

 

スポーツで背骨に繰り返し

 

負荷が掛かる事によって

 

起こる疲労骨折が大多数なので

 

スポーツ障害といって

 

差し支えないでしょう。

 

 

 

 

 

 

腰の痛みで病院にかかって

 

腰椎分離症やその疑いがある

 

という診断を受けた方が

 

よく当院にも訪れます。

 

 

 

 

 

 

分離症は腰椎の下部に

 

起こる事が最も多く

 

背骨の「背びれ」の部分

 

「椎弓」に亀裂が入り

 

進行すると完全に骨が

 

切り離されてしまう事もあります。

 

 

 

 

 

そうなると積み重なった背骨を

 

支持する力が足りなくなりますので

 

「すべり症」という背骨がずれる

 

症状に進展してしまう事があります。

 

 

 

 

 

すべり症で骨がずれる事により

 

脊髄の通り道が狭くなると

 

脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)という

 

神経が圧迫されるために

 

しびれや神経性の痛みを伴う

 

症状に発展する事もあります。

 

 

 

 

と・・・ ここまで書くと

 

なんだかすごく救いようのない

 

症状に思えるのですが

 

そこまで心配する事はありません。

 

 

 

 

もう少しお話したいので

 

次回に続きます。

 

 

 

アシスト接骨院   鈴木

 

 

 

 

<スポーツ障害>

 

オスグッド・シンスプリント・シーバー

 

野球肘・テニス肘などスポーツ障害でお困りの方

 

からだ支援 アシスト接骨院 スポーツ障害専門整体

 

http://ashisuto-sekkotuin.com/athlete

 

<アシストベーシック整体>

 

首から肩にかけての嫌な重だるさ

 

肩甲骨まわりの何ともいえない不快感

 

寝返りや起床時のつらい腰の痛み

 

などを改善していきます。

 

お気軽にご相談下さい!