花粉症について

「今年は花粉が特に多い」って毎年耳にしています。
僕自身も花粉症で長く悩まされてきましたが、あることをしてからかなり楽になっています。
ということで今回は花粉症・アレルギー対策についてお伝えしたいと思います。

============
チェックしてみよう!
============
今回は花粉の飛散するこの時期に限らず、年間通してアレルギー体質かどうかをチェックしたいと思います。

☑︎鼻炎が続いている
☑︎目が痒くなる
☑︎くしゃみが止まらない
☑︎花粉の時期やカビ、ホコリを吸い込むと喉がイガイガする
☑︎年間を通じて何らかのアレルギー症状が出ている
☑︎コンタクトレンズができない
☑︎鉄が肌につくと発疹が出る
☑︎蕁麻疹が出やすい
☑︎ストレスが多い
☑︎小麦や乳製品が好き
☑︎スーパーの揚げ物やお惣菜をよく食べる
☑︎砂糖の摂取が多い
☑︎魚よりも肉が好き
☑︎野菜をあまり食べない
☑︎消毒をしすぎている

いかがでしょうか?
3つ以上当てはまっていればアレルギー体質、または予備軍の可能性が高いです。
今回の記事を参考に体質改善に取り組んでみてください!

==========
アレルギーとは?
==========
はじめに簡単にアレルギーについて解説しておきますね。

人の体は外敵が侵入してきた時のために免疫反応といって外敵に対抗するようにできています。話題のコロナや風邪やインフルエンザで咳や熱が出るのが免疫反応の代表です。
こうした外敵に反応するのが正しい反応なのですが、本来は有害とは呼べないような花粉や食べ物などにまで免疫反応を起こしてしまうことがあります。これをアレルギー反応と言います。
花粉症は花粉が粘膜細胞に付着して起こりますが、食べ物として食べたら起こるアレルギーや、肌に触れるだけで起こるアレルギーなど、人や物の相性よって症状は様々ですが、共通して言えることは、免疫反応のエラーであるということです。

実際の症状が出ているのは副交感神経による過剰反応です。

副交感神経が過剰に働くということは、普段何らかのストレスが多く交感神経が優位に働いていることが考えられます。

 

アレルギーを起こしやすい人に共通した点がありますので、次回はその辺りについてお伝えしたいと思います。

 

関連記事

  1. ゲーム脳と自律神経

  2. 発達支援コーチ初級講座を受けてきました

  3. 尻もちをつくとアゴが痛くなる?

  4. 妊婦さんの不眠に対する整体2

  5. ママのための自律神経的コミュニケーション教室

  6. 腸活をしよう②

  7. 礼から学ぶストレス回避術

  8. 自律神経が整う〇〇〇とは



からだ支援 アシスト整体院

電話 04-2946-7543

住所 〒359-0044 所沢市松葉町10-15 明光ビル4F