浅い呼吸は病気を招く⑤

早くもシリーズ5回目を迎えました。前回は「冷え性」についてお話しました。今回は・・・

◆便秘になりやすいについてお話していきたいと思います。

なぜ呼吸が浅いと便秘につながってしまうのか・・・理由はいくつかあるのですが、まず、呼吸が浅い場合は胸式呼吸になっている可能性が高いです。

腹式呼吸でお腹がへこんだ時横隔膜は上に引き上げられお腹が膨らんだ時に横隔膜が下に押し下げられるのですが胸式呼吸中心になっているとこの一連の動きがなくなるため腹膜や横隔膜の柔軟性は足りなくなり排便の際に必要な腹圧が低下します。

また呼吸が浅いと血液中の酸素量が減ってしまい、腸の機能も低下します。さらに腸の働きをコントロールしているのが自律神経なのですが浅い呼吸が続くと自律神経のバランスが乱れるため腸がきちんと仕事をしてくれなくなるんです。

横隔膜の運動自体も腸を刺激するので両方に関与します。こうして腸も働かず、横隔膜の動きも不十分なら便秘にもなってしまいますよね。

まだ便秘でおさまっているうちはいいのですが、便秘にも発展しやすい病気がありまして

痔、動脈硬化、腸閉塞、大腸ガンなどを引き起こすと言われています。

便秘がちの方は深呼吸を意識して行うだけでも効果はありますからぜひ、実践してみて下さい!

 

アシスト整体院   鈴木

 

<スポーツ障害>

オスグッド・シンスプリント・シーバー

野球肘・テニス肘などスポーツ障害でお困りの方

からだ支援 アシスト接骨院 スポーツ障害専門整体

http://ashisuto-sekkotuin.com/athlete

 

<アシストベーシック整体>

首から肩にかけての嫌な重だるさ

肩甲骨まわりの何ともいえない不快感

寝返りや起床時のつらい腰の痛み

などを施術していきます。

 

お気軽にご相談下さい!

 

関連記事

  1. セロトニンにはリズム運動が効果的!

  2. レジ袋と自律神経の関係とは?

  3. スマホが不調と不眠の原因?

  4. 恐ろしい「ゲーム障害」とは…

  5. リモートワークの弊害とは・・・後編

  6. 夏期休診のお知らせ

  7. “自分がない人” ~自律神経失調症専門整体ブログ~

  8. 副腎皮質ホルモン(電解質コルチコイド)の働き



からだ支援 アシスト整体院

電話 04-2946-7543

住所 〒359-0044 所沢市松葉町10-15 明光ビル4F